英語読書日記 by angel

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

A Court of Mist and Fury (Court of Thorns and Roses)images (2)

Author: Sarah J. Maas 
Category: fantasy
Length: 626pages /
23 hrs and 16 mins

Total recommends:
★★★★★
Difficulty: 
★★☆☆
Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:
★★★

Romance-packed-degree:
★★★★★
Mystery-packed-degree:
★★☆☆

2016年英語読書日記 No.18(耳読書No.13)342冊目    

 夏休みに入ってこのブログの更新もできるようになっているので、ちょっとうれしい私です。今書いている時点でブログ村の英語ランキングは274位!洋書では1位!(追記:洋書・洋楽だったので、あとで洋書だけのを見つけて変えたら圏外になりました。わはは)ほんまかいな。洋書はもともとの母数が少ないだけですがね(笑)ブログ村から来てくださる方も増えて、感謝です。英語読書のangelと認識されるのはほんとうれしい。

さて、打って変わって久々のファンタジー。おばちゃんになって久しいので、あまりファンタジーは受け付けなくなってきている私ですが、乙女にかえって無理やり聞いてます。これは2巻。続き物です。

1巻はこちら。この作品の読書日記はコチラ
これは女の子向けのファンタジーです。超ハンサムキャラ、俺様キャラ、ツンデレとありとあらゆる要素を詰め込んだって感じ。いやあ熱いったら。ロマンチックで、ハラハラドキドキの世界が展開されてます。

これの続きなので、照れながら聞くのはわかっておりました。それなりの覚悟で聴き始めました。

これまた、凄い展開が・・・。ネタバレやめときます。

ちょっとだけ触れとくと、1巻で脇役だったイケメンフェアリーに焦点が当てられたりなんかもします。1巻からかなり目立ってて、ファンが付くだろうと私が書いていた役の人です。マレフェセント顔負けでっせ。

一応ヤングアダルトの分野ですが、そうとは思えないようなエッチなシーンも多いので、ヤングアダルトの子たちが10代後半か20代になっても続けて読んでる人気作家なんだろうなという印象です。このシリーズの前のシリーズもかなり人気があるようです。だからといって、コリーン・フーバーほどの作風の変貌は遂げてないと思います。あれはエロチカにも入れられてるような(汗)

少女漫画の王道を行くようなファンタジー。どうぞお楽しみください。

熱いったら熱いです。、「知りたかったら次巻でどうぞ」というなんともいえない終わり方だったので、読む予定です。トリロジーじゃなかったらどうしよう。このメロメロ世界に耐えられるかなあ(汗)

主人公が人間の女の子で、ヒーローはみな人間じゃないイケメンそろい。で、主人公が超もてちゃうというパターンにはまっております。私は1巻の終わりからの展開は全然気に入ってないんですが、メロメロ世界で案外ストレス解消にもなってるので、読んでいます。わはは。

1年ごとに新刊が出るので、ちょっと忘れてるエピソードもあって、最初は戸惑いました。かなりリンクしているので、一気読みの方がわかりやすいと思います。なので、メロメロ世界観を深めるためにも、3巻が出る前に、再び1、2巻を聞いてから挑もうとおもっております。→結構はまります(笑)

英語は耳で聴いてるのもありますが、ファンタジーなので、想像しにくいという点でやはり★3つにしときました。

さて次はよく読む作家さんのデュアルタイムです。audibleがなくて、kindleもなかったので、新古本を取り寄せて読みました。いまどき珍しいほんとの目読書。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Category: Fiction
Length: 448pages /11hrs 5mins

Total recommends:★★★★★
Difficulty: 
★★☆☆☆
Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆☆
Romance-packed-degree:
☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:
☆☆☆☆

2016年英語読書日記 No.17(耳読書No.12)341冊目    

ご訪問、そして拍手ありがとうございます!うれしいです。ブログ村にも参加して徐々にそこからも見に来てくださる方がいらっしゃるので若干ですが読者も増えてます。今度は何を思ったか、多読王国に登録してみたんですが、そこからは今のところお客様はこられてないようです。まだ2011年度の本のあたりをせっせと記録中です。あと200冊ぐらいある(汗)だいたいでも読んだ語数がわかるのはけっこう楽しいことに気が付きました。この地味な読書日記もせっかく書くんだったら多少は読んでもらいたいので、できるときには努力しなくちゃ。

このお話は安定度抜群のキャサリン・ライアン・ハイド の作品です。前回からあまり間があいてないんですが、心がきゅんとなって、あたたかくなるのでついポチットしちゃう作家さんです。あたたかくなるといっても、なんだかドライなあたたかさなんですよね。

今回の主人公はティーンエイジャーの女の子。父を早くに亡くし、再婚した母。義理の妹ができるが、強度のアスペルガー症候群。再婚相手は逃げてしまい、路頭に迷った3人は大叔母の家に転がり込む。そこで出会ったのが、隣人の定年を迎えようとしていた独身男性だった。妹は彼が飼っている犬に執着を示し、飼い主の男性がいない昼間はずっと庭で犬のそばにいるようになった。

そこから、主人公と隣人の男性との奇妙な友情が始まる。前回も同じく犬が人間をつなぐきっかけになっていました。それは同じですね。

これまた、「全く接点のない人間」が人生を変えるほどの経験をしていくお話。で、犬ネタなので、愛犬家の私はきかないわけにはいきません(笑)これもほんとにギュウと胸をわしずかみにされたおばちゃんでした。

母子家庭で、住む家さえもなくなる貧困。ハラハラするシーンも多くて、そこに冷静な隣人のおじさんが出てくる。でも惜しげもなく助けてくれるのではなく、お情けではない助け舟を出してくれる。主人公の少女が助けてもらうのではなく、自らが動いて切り開いていくという形で話が進みます。そんな簡単にラッキーが転がっているわけではなくて、自分から手にしようとすることで、行動することで話が進んでいくので、爽やかですらあります。

まあ、よくもここまで話をまとめていけるもんだと感心します。恋愛ものでもなくて、ミステリーでもなくて、派手さもないのに、ここまで人気があるのは、皆がこのハートウォーミングな世界を味わって、心ほぐれる世界に身をゆだねられる心地よさがあるからだろうなと思います。世知辛い世の中に、こんなことがあったらいいなという世界が待っています。しかも厳しさだって描いていて、甘さがあまりないのがスゴイ。

英語はわかりやすいし、audibleもとても聞きやすかったです。少女が語り部でしたが、すごく落ち着いた感じでした。この著者の話は全般的にすごくあっさりしていて、過酷な現実があることを知りながら、その突き放した先に小さな幸せの予感があるお話です。

ああ、読書っていいですねえ。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Category: Historical Fiction
Length: 401pages 

Total recommends:★★★★★
Difficulty: 
★★☆☆
Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆☆
Romance-packed-degree:
★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆

2016年英語読書日記 No.16(目読書No.5)340冊目    

この作者の作品は2作目です。最初はこれを読みました。
デュアルタイム形式の話が大好き。これはミステリー仕立ての要素が強くてとても面白いし、読みやすいけど、歴史もよくわかって深い。史実に基づいたフィクションが大好きなので、また読んでみようと思わせてくれました。

次に手に取ったこのThe Plum Treeは歴史ものとしてはかなり層の厚いナチスドイツのお話。What She Left Behindより先に書かれたもので、デュアルタイムではありませんでした。ドイツ国内での戦時中が中心で、視点がユダヤ人青年と恋に落ちたドイツ人の女性のお話です。ドイツ人であるにもかかわらず、ユダヤ人をかばったかどで強制収容所に連れていかれるお話なので、これまた軽い感じではなかったです。

でもそこがこの作者の魅力かもと思いながら読みました。主人公がつらい経験を重ねながらも懸命に生き抜く姿にこころをつかまれたままラストまですすめます。

先ほども「層が厚い」と書きましたが、歴史ものでも一番多いのでは?忘れてはいけないことでもあるので、心が痛くなる物語がたくさんあります。私もかなり読みました。

他にも第2次世界大戦を扱った秀逸なお話は多いです。上にご紹介した二つは映画化もされています。両方よかったです。原作がいいものは映画化されるものも多い。

英語はわかりやすいと思います。当時のドイツ国内の様子がよくわかって興味深かったです。途中ヒトラーが出てくるけど、そこはなんか作った感じだなあと思いながら読みました。なぜかインディージョーンズ最後の聖戦のヒトラー登場のシーンを思い出しました(笑)

歴史から私たちが他人とのかかわりをすごく学べて、一人一人の努力が実は大きな力になっていくんだと思わせてくれる。悪意は麻薬みたいで、あっという間に善意を凌駕してしまうけれど、それでも人間は愛おしいものだと作家が永遠に書き続ければ、小さな一歩になる。

読んだ私たちが今度は周りの人に優しさを届ける。

そんなループを、見えないループを作り出す世界が好きです。

読書をやめられないのは、人間はそれを学び続けなければいけないからかも。

読書っていいですねえ。

夏休みに入ってたまった読書日記をなんとか頑張って更新しています。読者も少しずつですが、来てくださるようになって嬉しい。読書日記は案外あるようで少ないので、このブログが役に立ってくれるとほんとにうれしいです。

読書日記を書くのはすごく難しいです。ネタバレはできないけど、どう面白かったのかを伝えるにはすごく言葉が必要なので。普段もう少し頻繁に更新している本家の英語ブログより難しかったりも。読んだ記録はたくさん見かけても、読みたいと思わせる文章を書くのは難しいのは書いてらっしゃる方はわかっていただけると思います。くどくなってもいけないし、あっさりだとわかりにくい。

去年から1年間「TIMEマラソン」と称して1年間隅から隅まで読むことを課していたので、目で読む読書の量がかなり減りました。さらに、試験も定期的に受け続てきたので、かなり苦しかったです。

この春からは仕事がさらに激増して、準備に時間も取られるので、やっぱり目で読む機会が減っています。その分耳でaudibleを聞く日々です。最近はaudibleが充実してきたので、目で読むものを選ぶのが難しかったりします。この人の作品はめずらしくaudible化されていません。

英語力を上げるという意味では、試験勉強にはまったくかなわない英語読書。でも私は英語読書がなかったら、とっくに英語をあきらめていたかも。

年間50もの物語の波に身をゆだねられる幸せは、試験勉強では味わえない幸せです。心が豊かになった気にさせてもらえるだけでも感謝。

そして、気が付くと自分の土台を強くしてくれている。

そのことが伝わればと思いいつも書く日々です。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Category: Historical Fiction
Length: 880pages / 43 hrs and 51 mins

Total recommends:★★★★☆
Difficulty: ★★★★☆

Story:
★★☆☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆☆
Romance-packed-degree:★★★★★
Mystery-packed-degree:
★★☆☆

2016年英語読書日記 No.15(耳読書No.11)339冊目   

ブログ村にも入ったものの、記事自体が書けない状態が続いたので、読者が減っています。夏休みはノルマにして更新したいと思います。

さて、言わずと知れたベストセラー、Outlanderシリーズ第3弾。今やドラマ化もされているので、日本でもかなり知名度が高いのでは?私はドラマ化されることを知らずに読み始めたんですが、これははまる人ははまるお話で、ヒストリカルフィクションとして一大ブームを起こしたと言えるシリーズだと思います。

1巻はかなーり濃くて波乱万丈でした。2巻はちょっと停滞気味な部分もありましたが、最後は怒涛の展開。

3巻は、ええ!そう行きますか!みたいな展開でした。タイトル通り。

ただ、どの巻もですが、とにかく濃くて長いのだ。

でも、読み応えがあるのも事実です。波乱万丈とはこういうことをいうのねという展開が待っています。舞台も1巻はスコットランド、2巻はパリとスコットランド。3巻はさらに・・・あ、ネタバレはしないでおきます。

この3巻はドラマのシーズン2が原作では3の部分も入るとちらっと聞いたので、ドラマが始まるまでにと思ってガンバって聞きました。で、ドラマは3巻は関係なかったという(笑)まあいいか。

ドラマはこちら。原作よりシリアス度が強くて、ヒロインがあんまり羽目をはずさないんですが、それがかえってドラマを生かしているような気もします。ヒロインクレアをどこまでも守る、ジェイミー(下の人)の印象はすごく原作とドラマはあっているんじゃないかと思います。誠実さもいいし、なんといってもスコットランド訛りが効果的です。

原作では2巻なので、お間違いなく。この読書日記は3巻です。

ドラマ化するにあたって、「ちょっと年齢が高めだなあ」という印象だったんですが、2巻3巻になってくると、なぜそうなのかわかります。

巻が進むにつれて、いろんな歴史が絡んできて、「ほおお」と思います。ありそうもない破天荒さを持ちつつも、史実を調べながらフィクション化しているのはやっぱり重みがありますね。エンタメとしてドラマ化されるのもうなずけます。映画化は無理ですね。長すぎます。これは昨今のドラマブームで出るべきして出てきた原作だと思います。スケールも大きいけど、舞台も多岐にわたっていて映画化は無理。ドラマに映画並みの予算をかけるようになって初めて実現できたものだと思います。映像は景色も美しいのでスコットランドに行きたくなります。(でもロケ地はニュージーランドだと聞いていますが(笑))

英語は1,2巻同様簡単でもないけど、でも会話文も多いのでいったん世界に入れれば大丈夫だと思います。

さて、お次はポイニャント系のお話です。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

Worthy

Author:Catherine Ryan Hyde
Category: Fiction
Length: 321 pages/ 8hrs and 42mins

Total recommends:★★★★★
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:
★★☆☆

2016年英語読書日記 No.14(耳読書No.10)338冊目    

いつも来て下さりありがとうございます。やっと読書日記にたどり着けました。本家ブログ自体も自分にしてはかなり間隔が空く日々で、読書日記までたどり着けず、すでに10冊以上のビハインド。読書日記はなんとか日課にしたいと思います。忘れてることも多いだろうなあ。

この著者の作品は「ペイ・フォワード」の映画を皮切りにいくつか読んでいます。読む本に迷ったり、心が殺伐として来たらこの人に限ります。これ読んでるときはどうだったかなあ(笑)

で、やっぱり正解。どの作品にも当てはまると思うのですが、この人の物語は、接点がまるでないと思われる人間同士が出会い、絆を深めていくという特徴を持っています。

今回は「まるで出会うことがない」主人公たちは中年の独身女性と二十歳そこそこの青年です。実はこの二人少年が4歳ぐらいの時に出会っているんですが、最初はお互い気づきません。

二人を引き寄せたのは、上の写真でもわかるように「犬」です。愛犬家の私はこの表紙にもひかれて聴き始めました。このタイトルはその犬の名前です。

あ、二人が恋には落ちないのでご安心を(笑)

ありそうにない設定なのに、なぜかしっくりくるお話を語ってくれる著者です。

苦しい心を抱えながらも、懸命に生きる人たちを描いてくれて、いつも心温まる私です。

英語も日常生活を描いているので、あまり難しくないと思います。ナレーションの二人も落ち着いていていい感じでした。この人の作品はaudibleになっているのとなっていないのがあります。新しい作品はなっている場合も多いけど、リージョン制限で時々ダウンロードできないのもありました。なので、できるものを見つけるとポチットしてしまいます。

さて、次回は大作です。ドラマ化されていて、もしかして2巻分ぐらい進むかもみたいなことをきいたので、慌てて聴いたものです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
 

Category: Romance
Length: 672 pages/ 20 hrs and 22 mins

Total recommends:★★★★☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★☆☆
Can't-sleep-degree:
★★
Romance-packed-degree:★★
Mystery-packed-degree:
★★★☆☆

2016年英語読書日記 No.13(耳読書No.9)337冊目   

この著者の作品はけっこう読んでいます。デュアルタイムも書くので好みの話も多いです。この作品は90年代に書かれた作品の復刻版?のようです。

出だしはこの前にきいた作品によく似ています。終戦の時に主人公がアメリカ将校と恋に落ちる。今度は人種差別を描いてはいませんが。そのあとの主人公のローラーコースターのような人生を共に歩んでいく形です。

いやあ、ドラマチック度部門をつくらないといけないか?と思うほどドラマチックなお話でした。20時間という長編にも関わらず、その割には短期間で聴き終わってしまったかも。

ドラマチック度はかなりマックスで、そういう意味ではかなりお勧めできるんですが、ノリが思うに80年代のノリなドラマチックさがあります。日本人が「昔の日本のドラマはこんな風に熱かったのよ」と韓流にはまるあの感覚じゃないかなと聴きながら思いました。または80年代の漫画を読んでいる気分でした。だから面白いのよー、おばちゃんにとっては(笑)誰か読んでくらはい。話は全然違いますが、「オルフェウスの窓」のあのしつこさがあるというかなんというか。ああいうたぐいのドラマチックさです。運命ってやつですかね。あそこまで暗くはないし、歴史ドラマというより、女性のドラマです。Kristin Hannahの書き方にもちょっと共通点があるかも。

面白くないかというと、面白いです。古さがあるだけ。 いやあ、ドラマっていいですねえ。メイクドラマしてますー。(死語を使うのが好きなのだ)

この作者が今作品を書いたらこういう展開ではなかったのではないかと思います。話の持って行き方がちと古い。でもいいのよ、どこまでもやりすぎなところもすごーく楽しめました。

最近ちょっと気になることがるのですが、私はAudibleはイギリス英語を中心に聴くことが多いです。でもアメリカ英語のものもきくので、アメリカ英語にも結構慣れているほうだと思います。ニュースもしかり。へたしたらアメリカ英語のほうが聴きやすい場合もあります。あまりにアクセントが強いのはイギリス英語に軍配があがりますしね。

で、何が気になるかというと、イギリス英語の話者がアメリカ英語に似せて英語のセリフを言うときです。なんだか、みんな戦後の米兵みたいだぞと思うのは私だけかなあ。アメリカでもいろんなアクセントあると思うんですが。みなさんはどう思われますか?

さて、そろそろ仕事が本格的に始まるので、ちゃんと考えて読書をしないといけません。忙しい時には長編を読むという技もあります。次は何にしようかな。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author:Lindsay Ashford
Category: Historical Romance
Length:  413 pages / 12hrs and 12mins

Total recommends:★★★★☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★☆☆☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆
Romance-packed-degree:★★
Mystery-packed-degree:
★★★★

2016年英語読書日記 No.12(耳読書No.8)336冊目   

ハラハラのサスペンスのあとは、心潤うロマンスでなくっちゃと、これを聞いてみました。

ロマンスとファミリーサーガを取り混ぜたドラマです。

時代は第二次世界大戦終了直前で、夫が戦地で行方不明になり、まだ幼い息子を抱えて働きに出るエヴァ。友人とたまたま行ったダンスでアメリカ人の黒人兵士ビルと出会う。当時はまだまだ人種差別のひどい時代だったが、エヴァは自分の息子ディビットが痣を持って生まれてきたことで夫に蔑まれた経験から、そんな気持ちを持たずにビルに惹かれ始める。戦争が終局を迎える中、エヴァはビルの子供を身ごもっていることに気付くが、夫は死んだかどうかもわからず、ビルは戦地に送られてしまう。

聴き始めは、「これはポイニャントだ」「うーん、メロドラマ」路線だと思いながらでした。主人公の一人であるエヴァの行動が軽はずみ過ぎて、ハラハラします。そうなることがわかってるのに、なんでやねんみたいな方向に話が進む。

話が後半に入ると、主人公はエヴァとビルの娘であるルイーザになります。ここでまたルイーザが酷い目に遭います。これがかわいそうでかわいそうで。彼女の幸せを願わずにはいられない作者の術中にはまります。

話はメロドラマと書いたように、ちょっと短絡的で都合のいい展開もありましたが、後半がそれを打ち消してくれる形です。最後は読了感がいいです。

重いテーマの人種差別を描いて、やるせない気持ちにもなるんですが、それを凌駕して生き抜いて、愛を勝ち取る登場人物たちに最後は共感も覚えました。最初のうち黒人に対する描き方が好感を持てませんでした。当時のことを書こうとおもったらああなるのかなとも思いましたが、白人から見た黒人という印象を受けました。

人種差別といえば、最近では「Everything I never told you」というもっともっと心苦しい作品を読んだんですが、これはどちらかというと、メロドラマなので、あそこまでは深くはないです。

ロマンスと思うと面白いです。ドラマチックなのはいいのだ。

英語はわかりやすいと思いました。イギリスが舞台なのでイギリス英語ですが、ウェールズ訛りと思われるアクセント、南部を意識したアメリカ英語も出てきます。悲劇的なシチュエーションもナレーションが淡々としていて、すごく冷静だなと何度も思いました。

話も過去にさかのぼることが多いので、同じエピソードがまた説明されるということがあって、私たちにはそれがかえってわかりやすいと思います。ああ、そうだったと確認できますからね。

これもアマゾンプライムでプライム会員は今無料で読めるようです。最近多いですねえ。

すごく珍しいことなんですが、旧ブログのランキングにものすごく近づいてるこのブログ。ライバルは自分。とうのは嘘で、もうこれ以上は望みません。英語読書好きの人が来てくださるだけで十分嬉しい私です。

今日も読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Author:Rachel Abbott
Category: Mistery Suspense
Length:  334 pages

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★☆☆☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆
Mystery-packed-degree:
★★★★

2016年英語読書日記 No.11(目読書No.4)335冊目  

前回のaudibleもそうだったんですが、サスペンスの本を読むと、次回アマゾンを開いたときにやたらとサスペンスがお勧めに並びます。やたらとよく見るこの作者、日本アマゾンでこれが「プライム無料」とあったので、読むことにしました。

確かにページターナーでした。イギリスマンチェスターで起こった12年前の殺人事件と、新たな殺人事件、そして夫が突然忽然と失踪してしまう。迫りくるサイコパス。子供たちの命を守るために主人公がとった行動は。てな感じで帯付けしたらわかりやすいかも。

自費出版、kindleから生まれた作家の一人みたいで、短期間でたくさんミステリーを書いています。評価も結構よかったりする。

私は同じような作家なら、こちらの方が好きかな。
コチラはちょっと下のブラックカントリーらへんが舞台。女主人公キムはんがかっこいいのだ。

登場人物に気持ちが入らないと、やっぱり話に入っていけないような気がします。このKill Me Againはいろんな要素を入れて、リズムもすごくいいとは思うんですが、主人公に肩入れできない、込み入ったプロットもなぜか心の上をツルッと滑っていっちゃう印象でした。こういう話やたら昔あったような感じです。キャラの設定に深みを感じませんでした。

降ってわいた災難系のサスペンスは結構多いです。Relentlessというタイトルの本もそうでした。謎の人物に狙われる設定は似ています。

ということで、厳しめですみません。

最近はプライム会員だとアマゾンはこういうサービスもあって、嬉しいですね。洋書も無料サービスがあるのはなかなか嬉しいです。上のDetective Kim Stoneシリーズも無料でよませてくださいな。アマゾンさん。

読む本が枯渇するときが時々あります。で、この本を読んでみたんですが、耳でもミステリーサスペンスがかさなっていたので、よけいに評価が辛口になったかも。すみません。

語彙はteetotallerなんて1級単語も結構ありました。難易度は3つか2つで悩んだんですが、3つに近い2つってところにしときました。

次に何を読もうか物色中です。目で読むのはこのところ時間を捻出するのがなかなか大変だし、目の方もかなりしんどくなってきたので、無理をしないように自重もしています。kindleの字のサイズが大きくなってきた(笑)

他のことをやっていない時は1週間に1冊ぐらいの時もあったんですが、このところは1か月に1冊か2冊になってます。その代わり、何かをしながら、(たいてい台所でお料理とか、お弁当とか作りながら)audibleを聞いています。それが今の楽しみだったりもします。

冊数を積み上げていくのは楽しかったりもします。これで335冊なので、350冊が見えてきました。今年は今までで一番忙しくなりそうなので、どうなるかはわかりませんが、350冊ならなんとかなりそうです。そしたらこんどは400冊が見えてきます。今目標に掲げているのは500冊。ここ数年でいけるかも。

このブログ、産声を上げたときには、本家ブログから常連さんが来てくださるぐらいで、訪問者が少ないブログでした。じわじわと読者の方が増えてあと少しで星がもう一つ増えるかもというところまで来ました。立ち上げたときにある方のためを思って難易度のカテゴリーを設けたんですが、その人はもうこのブログには来てないかも。でも、他の方にすごく役に立ってるみたいなので、主観でもつけさせていただいています。

このブログからけっこう本を選んでくださってる方もいらっしゃるようで、お役に立ててすごくうれしいです。

地味な読書日記ブログでもここまで来れて本当にうれしいです。いつもご訪問くださりありがとうございます。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Author:Laura Spinella
Category: Mistery Suspense
Length:  386pages / 14hrs and 21mins

Total recommends:★★★☆
Difficulty: ★★★☆☆

Story:
★★★☆☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆
Romance-packed-degree:★★★☆
Mystery-packed-degree:
★★★★

2016年英語読書日記 No.10(耳読書No.7)334冊目 

女性が主人公のミステリーサスペンスです。評価が高そうで、前回と同様、audibleの価格設定が1クレジットを使うより安かったので(7.9ドル)買ってみました。私が見たときには、日本ではこれもプライム会員なら無料でした。

新聞社で働くオブリ―。彼女は父から受け継けついだ特殊な能力を持っていた。死者と会話ができる能力。そのことを夫オーエンに思い切って話したが、理解が得られずに、別居状態だった。職場で、ある事件の取材を任され、パートナーをつけられたオブリ―。社の中でも優秀な男性記者であるレヴィだった。とまあ、「これは三角関係か?」みたいな、そして、オブリ―の幼少時代も描かれ、彼女の能力が事件を解決するカギなんだろうなということは予想が付きます。

このお話、オブリ―の立場の章と、殺された女性ミッシーの20年前の章とで主に二つにわかれるんですが、実はもっと話が交差します。なので、最初はどれがどの組み合わせか聞いてる分には難しかったです。

それと、聞くのを難しくする要素がもう一つ。読むのもかも。

一場面が長いです。ええやん、そんなにその会話引っ張らんでもという印象ですわ。

なので前半は間延びした印象でした。後半の後半、残り4分の1でやっと面白みが出た感じです。なので、4分の3までは★3つな感じでした。最後のほうで、聞くにはちょっとセクシーなシーンもありました(笑)ラストのちょっとした趣向はちょっとハラハラしたけど、読了感よくまとめてくれたのはよかったです。ちょっとテレビドラマになりそうなテーマだなと思いました。この手の話は初めてじゃないですねえ。でもネタバレできないので言えないのがつらいなあ(笑)

英語は男女の演じ分けがうまいと思いました。アメリカが舞台なので、アクセントとかの違いはあまりなかったような。ページ数にしては時間が長いので、英語はゆっくりなはずなんですが、場面を把握しにくいという点では簡単とは思えませんでした。決まった言い回しで何度も出てきて覚えているのが

suffice it to say  あえて言うなら

という表現。忘れていても、いったん覚えたものが出てくると耳につきますね。

このところ、1週間ぐらいで聞いてブログを週末に書く感じになっていたんですが、これは14時間あったので、少しずれました。週末に用事が入ったのもあります。

次に聞き始めたのは12時間ものですが、どうかなあ。このところ、audibleのクレジットを使わずに安めのものを聞いています。当たりはずれは有名作家よりは多いかもしれませんが、手が出しやすいのも出てきました。いいことだ。

昔に比べると、audibleが増えてきました。それでもまだ輸入制限のあるものもありますね。早くなんとかしてほしいなあ。

今日は二つも書いちゃった。本家ブログでは映画と英語について長文書いてました。

今日も当ブログまでお越しくださいありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author:Corina Bomann (Translated by Alison Layland)
Category: Dualtime romance
Length:  430 pages /12hours and 17mintutes

Total recommends:★★★★
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★★
Can't-sleep-degree:
★★★★
Romance-packed-degree:★★★★
Mystery-packed-degree:
★★★★

2016年英語読書日記 No.9(耳読書No.6)333冊目 

待っていましたよ、こういうのを。ドラマチック、ロマンチック。

女性のためのデュアルタイム。かなりロマンチックです。男性はちと無理かもしれませんが、おとぎ話ともとれるすれすれの「夢見てもいいじゃない、中年女性」作品。ああ、うっとり。舞台もドイツ、イギリス、インドネシア、ちょっとイタリアとロードムービーさながらです。

ドイツ,ハンブルクに住むリリィ。夫に先立たれた彼女は舞台は夫亡き後、自分のアンティークショップを営みながら、一人静かに暮らす日々を送っていた。しかし、ある日、見知らぬ老紳士が彼女の店に突然現れ、古いバイオリンを渡した。「これはあなたが持つべきものです」驚くリリィ。理由を聞こうと出て行った男性をあわてて店を出て追いかけようとした彼女だったが、男性の影も形もなかった。

古いバイオリン、バイオリンには「Rose」の文字が彫られていて、ケースの中には「Moonlit Garden」と名付けられた楽譜が一枚はいっていた。いったい誰がもっていたのか、本当に彼女がもらうべきものなのか。その謎を解くために、リリィはその専門家でもある親友のエレンの住むイギリスへと旅立った。

この作者、ご本人がたくさんのデュアルタイムを読みつくしてるんではないかと思わせるほど、ツボをついてくれました。

謎の置き方もうまい。いくつも謎をおいといてくれて、それを主人公が解いていくのと同時に、読者は過去の真実も合わせて解きほぐしていきます。ちょっと先に読者がわかりすぎるかな?とも思いましたが、ちりばめられた他の謎がぐいぐいと牽引してくれる感じで飽きさせませんでした。

英語はドイツ語からの翻訳本なので、読みやすいです。同じ表現、たとえばhave a butterfly in my stomachとかいうたぐいの表現が繰り返しでてきます。(聞いてるのでちょっと違っていたらすみません。メモとかもあまりとらないので)同じ言葉を好んで繰り返すのは、英語を母国語としない私たちにとってはかえって読みやすいものとなりえます。

ドイツの作品の翻訳本はいままでもけっこう読んだことがあるのですが、当たりが多いです。英語にもしやすいのかも。あまり違和感なく読めます。著者のことをウィキったらドイツ語しか出てこなくって、昔第二外国語でドイツ語をとったはずの私なんですが(汗)「これってドイツ語だよねえ」しかわかりませんでした。わはは。まあ、ドイツではベストセラーになったのぐらいはわかりました。ドイツでは賞とってるのも。わかる方にまかせます。

思い出したのは、この本たち。デュアルタイム(1作品はフィクション)である以外はストーリーは違うんですが。
上の二つは同じ作者の作品ですが、この作品を足して、さらにエキゾチックで角を取って、甘めにしたようなお話といえばいいでしょうか。これらの作品が好きならこれもきっと楽しめると思います。デュアルタイムにさらされて過ごしている(デュアルタイム研究家と自称しようかなあ(笑))私も、「ちょっと都合いいけどさ」と言いながら止まりませんでした。

例えば、上の作品とはちがって、キャラクターの掘り下げが浅めだとは思いました。夫に先立たれた主人公は特にツイストがあまりないので同情票があつまらないだろうと思います。その点の掘り下げがたりないかなという点では、感動で心ふるえた時とかにたまにつける★6つにはなりませんが、これだけのピースをジヅゾーパズルのようにはめ込んでいくのは大変だろうと感心しました。ドラマチックです。

こちらにも似た感じがあります。甘さはこちらの方が近い。
The Lavender Garden: A Novel (English Edition)
設定は遠いけど。 Duet以外の二つの作品どちらかがすきならほんとに楽しめます。

さらに朗報は、これはkindleだと、これ書いてる時点ではプライム会員だと無料で読めます。英語も翻訳ものなので、ロマンチックなのが大丈夫であればかなり読みやすいので強くお勧めできます。

私はaudibleで聴きました。audibleでも1クレジットで買うよりやすい金額の約8ドル。クレジット使わずに買いました。この値段でこのお話は価値がありました。 

ああ物語っていいですねえ。ロマンチックだなあ。次もクレジット以下の作品で評判がよさげなのを見つけたので聞いてみます。ロマンチックサスペンスらしい。

読んでいただきありがとうございました。
 
お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

Category: Self-help
Length:  288 pages /7hours and 26mintutes

Total recommends:★★★☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★☆
Can't-sleep-degree:
☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆


2016年英語読書日記 No.8(耳読書No.5)332冊目 

以前にコンマリさんの断捨離本を見つけたときに同時に見つけたものです。 こちらは心の断捨離とでもいえるのでしょうかね。この著者は日本でもすごく有名だし、「willpower?それは私には必要でしょう」と聞いてみることに。あ、普段からヘタレな私ですからね。

読む分には英語がわかりやすいと思います。ただ、聴く分にはこういうハウツーものはなかなか難しいなというのが正直な感想です。

小説はストーリーを追って盛り上がっていくので、入りやすいんですが、この手のものは章立てで、続きというより、独立した事象を扱っているので、繋がりにくい。一つ一つは例がふんだんでわかりやすいのに、なぜかあとに残らないので、不思議でした。コンマリさんはあまりにも身近で例がわかりやすいけど、この本で扱っていることは目に見えない「意志力」についてです。例はわかっても、字で何度も咀嚼したほうが効果が高いのではないかと思いました。で、何度も聞けばいいのですが、今回は1回でやめときました。

いろんな人のエピソードが紹介してあって、ダイエットに成功したとか、禁煙をどうやってやめたとかは具体的でなるほどとは思いました。ヨガもされているので、呼吸法にまで言及されているときには、一緒にスーハーとしている自分も(笑)取り入れやすいことも多いと思いました。

以前にもこういうのは聞いたことがあります。これ、
日本でもかなり有名なカーネギーの「人と動かす」です。OLをしていた悩める乙女(笑)時代に日本語で何度も読んだことがあったのを、何年か前に英語で聴いてみました。あ、これタイトルと中身にギャップありますよね。邦題の「人を動かす」も実は人を動かすんじゃなくて、人が動くということです。日本語で熟知してなかったら、当時の自分にはかなり難しいものだったかもと、Willpower instinctをきいて思い出しました。

ノンフィクションはフィクションよりもaudibleで聴くには負荷が高いかもしれません。目で読むと英語は平易でもです。

なかなか入りにくいとしても、得たものもあるのでよしとします。ナレーションは男性なので、落ち着いた感じです。

これにも重複することが書いてあります。
才色兼備な感じ。日本でもこの方よく目にしますよね。

あと一つなるほどと思ったエピソードが、「周りからの影響力」というところです。映画で好きな俳優さんが煙草を吸っているのを見て自分も喫煙をするようになった。その影響力を逆に上手く利用する。

それを自分にたとえるなら、英語学習なら、頑張っている人とともにやれば自分も頑張れる。それはまさに自分が今やっていることなので、なるほどと思いました。いい刺激を与えあうことは大事ですからね。あ、いい刺激だけね。

これのあとは、実は1作品を2時間近く聞いて、返品しました。これまた映画の原作だったんですが、登場人物が多くてすぐに気がそがれてしまうのであきらめました。たまにあります。特に多いジャンルは、ここにあげているノンフィクション。いままで3,4作品それで返したことがあります。ベストセラーなので聴いてみるんですが、盛り上がりがないとなかなか難しいです。audibleは返却が可能なので、数時間きいて返すことも多いです。

多読でも言われているように、無理する必要は全然ないです。また聞けるようになった時に、聞きたければ挑戦すればいいですしね。

楽しむことが大事。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author:Colm Toibin
Category: Historical Fiction
Length:  272 pages 

Total recommends:★★★☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★★
Can't-sleep-degree:
★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆


2016年英語読書日記 No.7(目書No.3)331冊目 

前回のブログから打って変わって(笑)文学読んでました。

これは、英語読書つながりでよく行き来させてもらっている方が「angelさんもしかして今これ読んでる?」と教えてくださったものです。その時は違うの読んでいて、そのうちに映画化されてるとわかり、じゃあ次にとこの作品を読み始めました。読んでるうちにアカデミー賞にもノミネートされていると知りました。教えてくださり感謝です。

最初はアイルランド訛り聞きたくて、audibleにしようとサンプル聞いたら、「これ?英語?こんなにアイリッシュ訛りが聞きにくいわけないでえ。アイリッシュ?」いや、オランダ語でした。オランダ語のaudibleしかなかった。デンマーク語だったかなあ。しかし、びっくりした。ヨーロッパで評価が高そうですね。ドイツ語の翻訳も見ました。

audibleがなかったので、結局、目で読むことにいました。後で見たら、ブッカー賞にもノミネートされ、コスタノベル賞という賞も受賞している作品。うなずけます。文学読んだという感覚を味わせてもらいました。

これは英語学習として読むというよりは作品を味わう作品だなあと思いながら読みました。ページターナーとかではなく、話は淡々と主人公がアイルランドからニューヨークに渡っての日々を追う感じです。ナレーションも三人称でどこか距離を置く感じ。

でもそれがかえって主人公が体感することを私たちが感じれるようにしてくれている。なぜか主人公のナイーブさが全然気にならない。かえってこういうシチュエーションはあり得ると、妙に感心しながら読み進みました。

面白かったのは、その一見突き放しような感じもあるけど、なぜか臨場感がある、1950年代にアメリカに渡った若いアイルランド人女性の視点で見るニューヨークのブルックリン、そしてふるさとアイルランド。

この感じはなかなかないです。

そして有名な「唐突な終わり方」。あれは意見が真っ二つに分かれるようですが、私はあの残し方がかなり気に入りました。うまい。読者にバトンを渡してるんですね。物語の半分ぐらいは一気読みしたので、よけいに面白かったです。

英語は難解な表現があまりなく読みやすい英語です。これも50年代のお話なので、スラングが少ない。でも読みやすいからサクサク進むかというと、これはまた違うと思います。英語学習のために読むにはおすすめしませんが、小説を味わいたければこれはお勧めです。

映画のトレイラーはこちら。

こちらはアイリッシュ訛りが聞こえてきますねえ。

さて、次は何を読もうかなあ。本ばっかり読んでると、お勉強っぽいのをそっちのけにしちゃうのでだめですねえ。でもたまにはね。ご褒美が必要です。

本だけ読んでテストの点数を上げるのはかつて実験したんですが、もともとの英語力がなかったのか(笑)ともとれるかもしれませんが、やっぱり違います。読書は楽しいなあ。

でもたくさんの英語に触れることができて、燃え尽きない。

読書っていいですねえ。

これ読んでたいだいている方がいい本に出会えますように。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

もうタイトルでお分かりだと思いますが、洋書をダダっと読みたいけど、時間がかかる。どうしたら速度を上げることができるのか。というのをよく聞かれます。

一応まじめな私なので、表向きは

大人の女性には「チックリット」を手始めに、とっつきの良いものからがいいとも書いてきました。

その他にもちらちら書いてきたこともあります。表だって言うと嫌われるといけないのであんまり正面から言った覚えはないのですが(汗)


エロチカを読むと速度が上がります。 わはは。

どうしてとりあげようかと思ったかというと、最近質問でこの間「この本どうですか?」ときかれました。
私が読んだのはええっと4年ぐらいまえのようです。2012年アメリカで話題になった、オンタイムで1巻を読みました。

裏読書として。表に出したのは1年過ぎて「実はこんなのも読んでました」と報告はしたけど、3部作まとめて読書日記にしたのは、当時は恥ずかしすぎてパスワード制にしました。

「ママのエロ本」として有名な本ですね。1冊読むと「うへえ」とおなか一杯になりますが、あっという間に読んじゃいました。そのあと続刊が出るたびに人目をしのんで(笑)家族が寝静まった後に読んだ覚えが。寝不足になりました。

まあなんといやらしい世界。これは当時大流行していた「トワイライト」を読んだ作者が妄想して書いたエロチックロマンスです。映画化もされてます。映画はいまいち。→ちゃんと見てるとこが私(汗)許容範囲広くてスミマセン。

で、「ほお、こんな分野があるんだ」といろいろと研究してみると(笑)、ほんとにエッチなのって流行ってるんですねえの世界でした。その前から、パラノーマルものでエッチなのは読んでいましたが、ここまでは初めてでした。

エロチカはかなり激しいのもあるので(笑)パラノーマルのエッチシーンならまだましかも。

Fifty Shadesはネイティブスピーカーの女性もかなりの割合で読んでいるので、ふとしたことでこれが話題になって大盛り上がりしたこともあります。「実は読んでた?」「あったりまえよー」みたいなノリ。

私が去年読んだ数少ない裏読書の一つはこれです。一応ね。
旅行のおともに読みました。やっぱりやらしかったなあ(笑)3、4日ぐらいで読んじゃった覚えが。やっぱり速く読めますね。というか、こういうのはさっと読んで早く終わらしたいのもあります。

とにかくこういうのはなぜか「速く」読めちゃいます。人間って底力あるんだなあと読んでいた思いましたー。あはは。

こういうたぐいが大丈夫なら、確かに読む速度を上げるいい材料だと思います。

何がいいかというと、とにかく先が知りたい度が高くなるのは、多読でいう、タドキスト読みがかなり完璧にできます。

しらない単語があろうが妄想して読めちゃう。

類推力が半端なくつきますね。その作品だけでも(笑)

私はおばちゃんなので、全然大丈夫ですが、若い方は変な方向?に走らないようにだけは気をつけてくださいね。ああいうのはファンタジーだと思ったほうがいいです。

もっとソフトなのもたくさんあるし、Fifty Shadeを超えるのだってあります。いや、詳しくと言われても…(汗)

まあ、たまにはこういうのもっていう感じで、いつもは安心する自分の好きなジャンルを読むのが一番いいかなと思います。

この記事をUPすると読者が減るのではないかとちょっと心配なもともとはまじめな私です。でも、読書日記以外の記事って隠れたヒットなんですよね。これは違うかな(笑)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author:Jeffrey Archer
Category: Fiction
Length: 404 pages / 13 hrs and 5 mins

Total recommends:★★★★
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★★
Can't-sleep-degree:
★★★☆☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆


2016年英語読書日記 No.6(耳読書No.4)330冊目
 
  
前巻を読んでから日がたっていないんですが、アマゾンをうろうろしていたら新作で出ているのを見つけました。そこには最後とほのめかすようなことが書いてあったので、「もう終わるんなら読んどこっと」(実際には聴いとこっと)とダウンロードしました。確かaudibleはちょっと先行だったような?

で、わかったのは、これは最終巻でないということです(笑)アマゾンの増えてるコメントでもわかります。どうやら次が最終巻らしい。でも、終わるので安心?して聞けますね。

相変わらず「またつまらぬものを斬ってしまった」状態で、ばったっばったと人が死ぬのは同じです。殺さんといてほしい人も死んでしまいますもんね。クロニクルなので年月が経てば死んじゃうのもありますしね。でもこのシリーズけっこう若い人も死にます。それから「この登場人物は何のために出てきたのだ」みたいなかわいそうなのも。

途中の巻で中だるみ感があったのは、登場人物が多すぎて、主人公のハリーから周りの登場人物、特にジャイルズに話がずれてしまっていた時に感じたのではないかと今になると思います。ハリーが中心に添えられるとやっぱり話がしまるので、ババコフのエピソードを入れたのはよかったと思います。

悪役も相変わらず小ずるい動きをしていて、これは気に入って書いているのではないか?と思いながら聞きました。かえってコミカル。

秀逸なのはやっぱりこれも後半。ハリーのスピーチのクライマックスはなかなか感動です。スピーチの終わりにこの巻のタイトルである”Cometh the hour, cometh the man”という引用をしてから、前巻を受けて、”The pen is mighter than the sword”で自分のペンを掲げ、会場の皆がそれに倣うシーンとそれに続くシーンも静かで、でも大きな力が動く瞬間と言った感じでした。

そして、この巻は作者自体がこのシリーズを終わろうと決意していることがわかる展開です。それにそういうセリフにあふれていました。ハリーの母であるメイジーが息子に「いつまでも同じ主人公の作品を書かずに、新しいことに挑戦しなさい」とかね(笑)

エンタメ作品ではありますが、作者の経てきた経験、(作家、議員、スキャンダル、裁判、そして刑務所での生活)がすべて生かされたうえでの作家魂を見た感じがしました。話の運びはとにかくスピーディでうまいので読みやすいです。

大昔、友人の結婚式でたまたまイギリスにいたときに、ちょうどアーチャー氏のニュースが新聞をにぎわしていました。ご本人の波乱万丈がなければ、この作品は生まれていなかったもなあと思いました。

英語も引き続きわかりやすいです。途中ナレーションの人が風邪をひいてるんじゃないかと思う鼻声がありました(笑)それでも、誰を演じてるかはかなりわかりやすいので、このナレーションは好きです。面白い表現もいくつか拾いました。

前に引き続きよかったので、きりよく最終巻も読もうと思います。11月ぐらいらしいです。見届けたいですしね。最終巻はついに大きな謎が解かれそうです。

次は何にしようかなあ。面白いのもあって、予定より早く聞けてしまいました。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Author: Fredrik Backman
Category: Fiction
Length: 305pages /9hrs and 12mins

Total recommends:★★★★
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆

Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆


2016年英語読書日記 No.5(耳読書No.3)329冊目  

これは超おすすめ。きっとどんな人が読んでも心温まるハートウォーミングなお話です。

この本は、このブログをよく参考にしてくださるお友達が読んでいらっしゃったものです。アメリカアマゾンをうろうろしているときに、お勧めの一つで出てきて、「あ、これいんこさんが読んでたのだ」と見つけて、見てみると、みなさんすごくいいと書いてある。

大正解でした。心がうるうる潤いました。最後はうるうる泣きながら聞きました。(おばちゃんなので、フツーよりは涙もろいとは思いますが)読んでよかったなあ。こういうの大好きです。いんこさんありがとう!

ちらっと見聞きしただけですが、どうもブログでコツコツ書いていた物語が、大人気になって書籍化されたもののようです。

妻に先立たれた59才のウヴァ(Ove)、怒りっぽく、誰にも心を開かない。彼の人生に必要だったのはたった一人、妻ソニアだけ。そんな彼の家の前に引っ越してきた一家。その一家とかかわったことから、彼の日常が変っていってしまいます。近所でいろんな小さな騒動が起きるんですが、最初はただの怒ってばかりの偏屈なウヴァおじさんが最後にはもう愛おしくて仕方なくなります。

話の前半は耳で聴いていたのもあったので、淡々と進んで、主人公ウヴァおじさんの偏屈さが目立ちます。でも後半からじわじわとその偏屈さの裏が垣間見られるようになってきて、心をわしづかみされました。たまにあるんですが、「読み終わりたくない」と思えた作品となりました。

英語は読むにはすごくわかりやすいと思います。スウェーデンが舞台の翻訳本ですが、スラングが少ない。ノンネイティブにはそこで敷居が低くなりますよね。

聴くには英語が少し速めで淡々としているので、平易とは思いませんでした。イギリス人のナレーションです。知らない言葉とかではなく、ササッと進みます。で、気がそがれるとすぐ聞き落とし気味になるので、外で聴いているときは何度か巻き戻して確認しました。なのでなるべく家の台所(一番集中して聞ける)で聴きました。最後は泣きながら食器あらっていたのは私です。

これを読んでて(聴いてて)思い出したのはコチラ
これはロマンスですが、Oveはロマンスじゃなくて、心じんわりさが上の本です。Rosieのドンは決して怒らないけど、かなりオタク。Oveおじさんはかなり怒りっぽいので、違うと言えば違うんですが、本人の意思に関係なく、周りの人間がいつの間にか助けられているという状況が似ています。

ああ、物語っていいですねえ。またこんなお話に是非出会いたいです。

これは聴き終わってすぐに読書日記を書きたくなって書いています。明日試験なので、じつはそんな場合じゃないのかもしれませんがね。読書の時間を削ってテスト勉強しないといけないので、よけいにそう思うのかも(笑)でも、一応英語教えてるので、やらないとと思いながら自分のお尻叩いている日々です(涙)

こんな時に、「英語力ってなに?」とふと思ってしまう私です。テストで測れる英語力って何?

英語で聴いて英語がそのまま脳に入ってきて、感動して泣いてしまう。

ホントはそれが大事なこと。

英単語を知っていても、問題が解けても、私にとっては、これがなければ意味がない。

こんな気持ちを一人でも多く持ってもらいたくて、この読書日記を書き続けています。自分の生徒たちに少しでも伝わるように感動する本を探して読み続けて、それを伝え続けています。

試験を越えて、英語や違う言語を通して何かを得ることが大事。それが目に見えないものでも。

このブログ、基本、本を読まないと更新できないので、 なかなか目立ちません(笑)でもコアな読書の方がいらっしゃってくださってるので、一定の読者数を得ることができるようになってきました。ありがとうございます。はじめていらっしゃって、ダダっとたくさん読んで去っていかれる方も多いみたいです。

そんななか、同じ本を読んで感動してくださる人がいることを信じて。

やっぱり英語読書はやめられない。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author: Jojo Moyes
Category: Fiction
Length: 353pages

Total recommends:★★★★
Difficulty: ★★★☆☆

Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆

Romance-packed-degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★☆☆☆☆


2016年英語読書日記 No.4(目読書No.2)328冊目  

今年は目で読んだものが連続でこの著者です。いや、ただの偶然ですが、年末にこの本欲しいなあとつぶやいていたんですが、kindleでも高くて買えずに、同じ著者の古い作品がkindleにもともとダウンロードされたものがあったので、それを読み始めていました。つぶやいていたのを夫が聞いていて、ペーパーバックをプレゼントしてくました。ありがたや。で、連続となりました。

安心してください。今はマスマーケット版が出て、千円台であります。ちょっと損した気分ですが、私はマスマーケット版は最近は避けてるので手に取らなかったかも。(目がかなり疲れます)

この本は映画された原作の続編です。ご存じこれ。読んだのは3年ぐらい前かな?

手前味噌ですが、過去の読書日記はコチラ↓

http://blog.livedoor.jp/angel430/archives/4039814.html
Me Before You
Me Before You [ペーパーバック]
これの映画のトレイラーがこれ。映画化で原作もまたベストセラーに出てきてます。

豪華な顔ぶれのような。ヒロインはゲーム・オブ・スローンズのデナちゃん。ちと明るすぎるような気もするけど、まあまああってます。ウィルの役はすごく似合ってますねえ。このロケーションはイギリスならではですね。お城は好きなのだ。

このお話の続編が今回の作品なんですが、前作あっての今作なので、2冊読んだほうが面白みが増します。

続編もさすがのJojo Moyes。まあ、ちょっと取って付けた感じと、事件がありすぎの感もありますが、映画のようなお話でした。だからと言って派手でもないです。別のお話として楽しめるとも思います。新しい登場人物が出てきてこの著書ならではのすっちゃかめっちゃかさも出てきます。やっぱりうまいです。こうくるかという感じ。

読了感はやっぱりすごくいいので、やっぱり5つ星。

それとこの作品は他の作品でもよくあるように、脇役がいい味出してます。今回は主人公ルイーザのお父さんとお母さん。ついでにおじいさんもいい。あのへんはイギリス映画を見てる感じがすごく出てます。細かいエピソードは結構ぷっと笑わせてくれます。たまに出てくるコミカルさがいいです。

それと、やっぱりショッキングな終わり方だった前作を受けて、今回はその後の登場人物たちへの救いがあったのがよかったです。

英語は会話文も多く、テンポもいいので、派手さはなくても読み進みます。独特な表現も出てきますが、全体的に意味が全くとれずに迷うということはありませんでした。辞書なしでも楽しめたので、★3つとしときました。

次は何読むかまだ決めてません。試験が近いので、自分で禁止しました(涙)いろんなことを並行してやっているので、あまりにも時間がないです。それと体調もあまりよくないのもあるので無理は禁物です。去年はよく60冊行ったなあと思います。今年はいきなり1000ページものもあったし、これから読もうと思っているものの中にも600ページを超えてるようなものもあるので、冊数にあまりこだわらないように気を付けています。こだわるとまた無理しちゃいますしね。

これも試験前にかからないように、でも止まらないので、最後の100ページぐらいは週末で一気読みしました。一気読みすると面白みも増しますね。これは寝る前とたまに乗った電車の中が主な読書時間となりました。もっと時間欲しいなあ。

audibleはハートウォーミングなお話を聴いています。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author: Jeffrey Archer

Category: Fiction
Length: 512pages / 12 hours and 56 minutes

Total recommends:★★★★
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★★

Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆


2016年英語読書日記 No.3(耳読書No.2)327冊目  

あまりにも長くて難易度が高くて、音が聞き取りにくいゲーム・オブ・スローンズ(ほんとに長いんです(涙))のあとには、「休憩的」に行こうかなとふとこれをきいてみました。ほんとはきりがないので(笑)もういいかなとも思っていた終わりを知らないクリフトンクロニクル。しかし、多読を始めたばかりの方におすすめをきかれて、「シドニージェルダン」を読まれていたところから、ふとこれの1巻の名前をだしました。で、人に勧めといて自分はという気分になって聞くことに。

びっくりするほど、毎回同じパターンを踏襲します。もうこれはわざとだとしか思えないほど(笑)前回の危機を冒頭で回避し、そして新たな、もしくは再び悪者が登場して、主人公たちがまた危機に立たされる。「またかよ」と思いながらつい進むのがこのシリーズなんですが、後半はかなりよかったと思います。前半は★3つぐらいの感想でしたが、後半で5つとしました。

ベテラン作家なので、本当にそつがないし、うますぎる感がありますが、この作品は多読には本当にお勧めの一冊だとは思います。この巻は前巻に引き続き読ませてくれます。

作品の展開上しかたないかもしれないけど、やたらに人が理不尽に死にます。だからこそ物語が盛り上がるのですが、個人的にはそこがちょっとね。物語は安定感がありますが、ワンパターンとも言えます。なんというか、テレビドラマのシーズン1がうまくいって、で、シーズン2も好評だったので続くといった感覚と似たものを私は抱きました。

今回はスターリンについてけっこう学べたのは興味深かったです。このクリフトンとケン・フォレットの世界大戦トリロジーはまさにかぶっているので、続きを読み始めるときに頭の中を整理しないといけません。

英語は読みやすいと思います。日本で習うような言い回しもよく出てきます。で、スラングが少ないのでそれも読みやすい理由の一つです。世界的ベストセラー作家ならでは。

私はこのシリーズは1からずっとaudibleで聴いています。2巻ぐらいから同じ男性がナレーションをしてると思うのですが、1巻のナレーションに比べると少し速めではあります。しかし、かなりうまいほうじゃないかと聞くたびに思います。

自分の中でうまいと思うポイントは「男性が女性を演じても自然である」というところなんですが、この人のはすごく自然です。しかも男女だけじゃなくて、声だけでどのキャラクターがくっきりとわかるところもすごいです。それと、イギリスはアクセントの宝庫ですが、それもすごく意識されているし、外国語訛りも出てきて、このナレーションのうまさに舌を巻きます。

難しいものの後なので、よけいにサクサク進みました。

次はまた気が向いたら読むかもしれません。

読みやすので、このシリーズはお勧めです。1巻が特におすすめ。

さて、次はペーパーバッグがそろそろ読み終わります。実は本読んでる場合じゃないんですが、読んじゃおうかな。いや、勉強しなくっちゃ。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Author: 
George R.R. Martin 
Category: Fantasy
Length: 1154 pages/49hours

Total recommends:★★☆☆
Difficulty: ★★★★★

Story:
★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★☆☆☆

Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆


2016年英語読書日記 No.2(耳読書No.1)326冊目  

ご存じドラマが世界規模で大ヒットのファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作です。ドラマと原作はかなり違いがあって、Book4がドラマのシーズン5と重なっているのでBook5を読まずにドラマを先行したんですが、最後は帳尻を合わせてBook5とドラマの終わりが重なり合っていました。

これを選んだのは、試験を受ける予定だったので、いろいろ次の作品を選んだり、ダウンロードする時間ももったいなかったからです。長い作品はお得感があります。冊数にこだわらなくなってきたのも大きい。それよりもお財布を気にしてました(笑)

これはドラマ先行で見てから本を聴いた形になります。

ドラマで親しみがあるので、ほんとうにたくさんの登場人物が出てくるんですが、(主人公も一人じゃない)それは整理がつきやすいです。

しかし、ドラマは原作を離れている部分も多いので、ちょっと混乱もします。それに巨匠の特徴として、

長い。やたらに長い。巻を重ねるにつれて、

長いんです・・・。調べていないのでわかりませんが、1冊で1154ページ、49時間というのは今までの最長だと思います。ケン・フォレットより長い。難易度も考えると普通の本4冊、いや5冊ぐらいの価値があるかもー。

それと、原作ではもちろんドラマより複雑で細かい部分まで書ききっているので、ドラマでは端折られているキャラクターがいるという何重もの苦難?を乗り越えなければなりませんでした。

それを耳で聴くとなると、よけいに迷宮の森にはいりそうになります。

さらに、つらかったのは、これは人にもらったものをきいたのですが、

音質が聞きづらかったので、もう今までで一番苦労しました。聞くこと1か月・・・。

で、結局ドラマと立ち位置が一緒になったので、あとはBook6を待つのみとなったのは嬉しい限りなんですが、

今回はドラマが先行とのこと。

英語は読んでも迷宮に入りそうになると思います。5巻までくると、ドラマも字幕なしでも見たりしているので、ずいぶん慣れてはきているものの、わかりやすいとも言えないです。長いので根気がいるのは事実。ページーターナーとも言えません。キャラクターを把握していないと何の話か分からなくなると思います。

もちろんドラマと原作とで重なっている部分もあるので、そこはかなりわかりやすかったです。ドラマで”Shame punishment"でラニスター家のセルシが全裸で城下を歩かされるシーンは有名ですが、あれは原作そのものをそっくり映像化されています。そういうのはしっかりとるのね。あの俳優さんもすごいけど、原作でも凄みがありました。そういうのがいつくか出てきます。

ドラマはこちら


そういう意味ではこれはドラマを見てからのほうがいいかも。キャラクターを把握しやすいですしね。あ、私の好きなティリオンは(小さいおじさん)原作では鼻がそがれてない状態なので、ドラマのティリオンを想像しながらにとどめて読み進めました。原作も残酷さはあります。

知り合いのイギリス人と盛り上がっているこのところなんですが、二人で共通して心配しているのは、

「作者って結構高齢」ということです。

マーティン先生、長生きしてね。ちゃんと見届けたいです。グインサーがみたいに終わらないのは切ないですよえ。

これで、ずいぶん読書日記が追いつきました。次は目で読んでいるのが先か、耳で聴いているのが先か。耳のほうが数日前にきき始めたんですが、そちらが先行しそうです。いちおうまだ試験が残っているので、座れるときは試験勉強しないとね。本は声を出せない場面でしか手に取ってません。珍しく紙ベースで読んでいます。でも、電車の中とか、寝る前とかに限られるので、毎日2、30分単位で遅々たる歩みです。耳は隙間で聴けるのでハイペース。それにゲーム・オブ・スローンズのあとなので、もうサクサクという感じです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author: Jojo Moyes
Category: Romance
Length: 417pages

Total recommends:
★★★☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★☆☆

Romance-packed-degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆


2016年英語読書日記 No.1(目読書No.1)325冊目  

ちょっとビターなロマンスならこの人。これは昨年の夏にアマゾンプライムセールで無料でいただいた作品の一つです。最近本が高くって、せっかくダウンロードしてあるので読んでみました。

もうけっこうこの作者の作品を読んできたので、これがその中のベストに入ることはないですが、最後まで楽しんで読めました。作品によってけっこうガラッと雰囲気が変わることも多いなあと思います。これはすごくまじめな主人公たちとまじめな脇役で固められています。脇役にも味が出てるのが好きな私です。

舞台はオーストラリアとちょっとイギリス。いままでもフランスだったりもしたので、イギリスっぽさが強い感じがないのも特徴かも。きっといろんなところを旅して触発されて作品をかいてるんだろうなあと想像しながら読みました。

オーストラリアのさびれた港町Silver Bay。クジラかイルカ観光ぐらいしか目玉のない静かな場所に起こるちょっとした騒動を描いています。 

登場人物がまじめで好感はもてるんですが、ちょっと無理がある設定かなあとも思いました。ちょっと感情移入しにくかったです。掘り下げもしにくい設定でもあります。

最後はそう来るだろうなという、じわーとくるクライマックスが待っているので、読了感はすごくいいです。先が読めても私は作品を楽しめるたちなので用意されているどんでん返し的なものに気がついても大丈夫でした。やっぱそうこなくっちゃみたいな気分でちょっと嬉しかったりもする。

英語もわかりやすい方だと思いました。★2つか3つぐらいな感じです。 

でも安定度は抜群、しかも波が大きいロマンスを書いてくれるので、安心して読める作家さんの一人です。 

この本は12月から読み始めて、半分を1月で読みました。今年第一号の作品です。ペースがどんどん落ちてます。なかなか本を手に取ることができないのがちょっとつらいこのごろです。

うーん、やはり読んだらすぐ書かないと客観的になりすぎますね。それがいいのやら、悪いのやら。

さて、次は超大作です。耳でも1か月はゆうにかかりました。ということで、いくらaudibleでたくさん読めると(聴ける)としても、長い作品にとりかかると冊数はおのずから減ります。でも冊数ばかりに目が行くとどうしても短めのものを選んでしまうので、「今年は○○冊!」とはやっぱり今年も立てないでおきます。いや毎年そうですね(汗)

本を読んでまったり過ごせる日を夢見てまたがんばります。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


Author: Marie Kondo
Category: Non-fiction 
Length:  224pages /

Total recommends:
★★★★
Difficulty: ★☆☆☆☆

Story:
★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★★★

Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆


2015年英語読書日記 No.60(耳読書No.42)324冊目  
 
 やっと2015年の分が終わります。これはブームの作品ですね。たまたまaudibleが手に入ったのと、年末のお掃除の時期だったので、聴いてみることにしたんですが、

これが、あなた。時期が悪すぎました。

大掃除の間3回聞きました。ついでに断捨離状態になってしまいました。英語の勉強そっちのけで(笑)

これをきき始めたときには1月に英検を申し込んでいた状態だったので、大掃除程度とおもっていたんですが、冬休みに入ってから新学期が始まるまでの2週間ほどは、ずっと家の掃除と整理にどっぷりつかるほどでした。

時期が悪すぎますよね。っておうちは多少きれいになったので良しとします。勉強時間が減ってしまってあとで苦労はしましたけど。

日本語の原書がいまだに本屋さんに並んでいるのでご存じの方も多いと思います。去年の「TIMEの100人」に日本人として村上春樹と並んで二人選出もされてましたね。その前後からアメリカではベストセラーになっていました。これは文字で読むより聴きながら掃除するのがより効果的だと思います。

「二度と散らからない」がコンセプトです。私は収納に関しては、著者ほどときめきは感じていませんが、カレン・キングストンも好きだし、いろんな本を読み漁った時期もありました。

結婚、引っ越し、出産と、自分なりのいろんな人生のステージを経ながら家の中をなんとか整理整頓しよう、仕事をしながらもきれいにしたい(しようじゃなくて、したいです(笑))とやってきて思うのは、

「二度と散らからないシステム」は「散らかさない」「かたずける」「システムを守る」人がいて初めて成り立つのだというものです。

システムがあっても片づける人がいなければ意味がない。いつも収納やインテリアのことを考えていればできると思いますが、私には英語という課題もあるのでそちらに気が向いた途端部屋が散らかり気味になります(笑)

まあ、それにしても、得るものはたくさんありました。面白かったです。

年末年始に断捨離して30袋以上のゴミ袋やランニングマシーンなどの大型ごみも出した我が家ですが、仕事が始まって、英語の取り組みも始まって断捨離はお休みです。またお休みなったらこれ聞いてお掃除しようと思っています。

英語は日本語からの翻訳なので、背景知識がわかりやすいのもあって、英語の難しさレベルは★ひとつにしました。

これでやっと2015年の60冊が終わりました。遅くなってしまいました。すでに2冊今年の分があるので早く書きたいです。

今年の60冊はがんばりました。今までで一番仕事が多くなったうえで秋からは試験を受けていたのもあるので、目で読む本がどうしても減りました。それでもaudibleも助けてくれたので60冊行きました。今後は眼もかなり疲れやすくなったので、目で読む本は体調も考えて、今年もあまりたくさんは控えようと思っています。

でも物語が大好きな自分は変わりありません。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

このページのトップヘ