英語読書日記 by angel

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2011年02月

Never Let Me Go. Film Tie-In
Never Let Me Go. Film Tie-In
クチコミを見る

心のひだをていねいにそっと描き出す。車の中から雲と雨の風景を見ているように深く静かに進行するはかない命の物語

Author: Kazuo Ishiguro
Period: 2.21.2011~2.27.2011 (7days)
Category:Fiction
288pages

Total recommends: ★★★★★
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★★☆
can't-sleep-dgree★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

読み始めた最初に感じた何かがずっとずっと奥深く蓄積していきました。英語が超難しいわけでもないのに、時間をかけて読みました。深く静かに。邦題は「私を離さないで」うまいなあ。翻訳のタイトルがそのまま映画のタイトルにもなっているようですね。

感じたものは「違和感」「不安」「静けさ」ごちゃ混ぜにしたような感覚。その感覚は最後の最後まで引きずられます。昨日最後の100ページあまりを読むときに、最後の40ページを残して眠りに着きましたが、朝どうしても気になって目が覚めたので早朝に読み終わりました。ちょっとQueasyな感覚でした。

31歳のキャシーはヘルシャムと呼ばれるイギリスの奥深くの寄宿学校でずっと過ごした経験を持つ。彼女は今の仕事をしながら、かつて同じ学校で過ごしたルースとトミーに出会い、ヘルシャムで過ごしたことや、その後移ったコテージでの出来事と今までのことを淡々と語りだす。その語りの中から姿を現すのは戦慄の事実だった。彼らの存在とは何なのか。

この物語の凄さは一定の「不安定さ」を読んでいる間同じレベルで保ち続ける淡々とした語りです。真実を垣間見せながらもその不安定さを最後まで引っ張っていって真実が明らかになる。決して複雑な話ではなく、こうなんだろうなと思いながらも最後にその不安定さの出所を感じ取る。私が感じたひとつは深い倫理観。

物語の構成上詳しくは語れないのですが、本を通じてまたイギリスを旅した気分になりました。なだらかな丘が続き、木々の中にあるHailshamの石作りの寄宿学校。閉ざされた世界の中で子供達が作品を作ったり、ひそひそ話をしたり。いつか来るその日に向かって繰り広げられる彼らのファンタジー。淡いはかない思い。外の世界はその対比として、現実として語られます。イギリス海岸沿いの曇った日の風景。ただようボート。降っては止む雨や度々出てくる有刺鉄線は主人公達の心をうつしているよう。

そんな風景を思い浮かべながらこの本を閉じました。

心情や風景描写がとても細やかで、一つ一つ薄いベールをはがしていくようにして語られる物語。めくられた中にあるのは孤独ではりめぐらされた深い悲しみに満ちた空虚のような世界。私はそう感じました。行間に張り巡らされた世界をどれだけ自分が捉えられたのか不安にさせられる話でもありました。静かに静かに何かを訴えかけられている感じ。あとを引きます。

もっともっと英語でも日本語でも本を読まないとという思いと、ちょっとヤスみたい思いが交錯した本でした。感じた思いを言い表せないもどかしさを感じながら。

Inside Out (MIRA)
Inside Out (MIRA)
クチコミを見る

希望のない閉塞空間からの脱出劇。果たしてヒロインは外の世界へと旅立てるのか?

Author:Maria V. Snyder
Period: 2.14.2011~2.20.2011 (7days)
Category:Youn Adult Fiction
315pages

Total recommends: ★★★☆☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★☆☆
can't-sleep-dgree★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆

(基準や感想は、あくまで一英語学習者の主観に基づく判断ですご了承ください)

前回がなんともかなしい、本当にあってもおかしくないお話だったので今回は完全にフィクションでさわやかなものを!とこれを手にとりました。この著者の作品は前回「Poison Study」が好きだったので。語り口が好き。3部作の第一部のようです。2巻がもうすぐでるようですね。

話はある近未来?でパイプや金属で囲まれたある閉塞空間の中。舞台の社会は二つの階級に分かれる世界。The Scrubと呼ばれる下界に住む住人は生まれたときから産みの親から離され、施設での集団生活で育てられて、労働することで一生を終える。The Upperと呼ばれる上階に住む住人とは接触を禁止されている。この社会を支配するのはTravaと呼ばれる一族。この社会の均衡を壊そうとするものに待っているのものは「死」。Chomper(体を切り刻んでしまう機械)と呼ばれるところで体をリサイクルされて再利用される。例えば肥料に。
 Scrubとしてパイプ掃除を担当する少女Trellは別名「パイプの女王」と呼ばれている。一匹狼で、仲のいいのは兄弟のように育った同じScrubのCogのみ。彼女は1人を好み、パイプの中を縦横無断に行き来して過ごす日々だった。ある日TrellとCogの前にUpperからやってき預言者と呼ばれるBrokenManが現れる。彼は言う。「外界に通じる出口があるので探すのを手伝って欲しい。」と。外に出て自由の見になりたいCogはTrellならパイプの中を行き来して出口を見つけることができると彼女に頼む。Trellは出口の存在を信じてはいなかったが、CogのためにBrokenManが隠したディスクを単独探しあてる。しかし、そこに待ち受けていたものは、恐ろしいPCP(人口統制警察)の追っ手であった。つかまればChomper行き。PCPにつかまったCogがChomperに送られるまでのカウントダウンでTrellは彼を救い出し、出口を見つけなければならない。彼女は果たして出口を見つけて自由を手にすることができるのか?PCPの役割とは?The Upperとは?そこからノンストップのTrellの闘いの日が幕を開けるのであった。

ヒロインほTrellは「Poison Study」とほぼ同じタイプのヒロイン。魔法使いじゃないけれど。孤児で両親の顔も知らず育ち、パイプの中を縦横無尽に行き来できて、頭が切れる。なかなか他人に心を許さない。そして強い。

同じような強いヒロインが今度はパイプと金属で囲まれた狭い空間で戦うお話です。最初にこの舞台設定はまるで○○だなあと思いながら読んだら、最後はやっぱりそうだった。だから自分の想像した世界はかなり、いや正解だったんだと安心しました。ネタバレになるのはいやなので、あえて伏せておきますね。

よく似たヒロインなので、どうしても自分の中でPoinson Studyと比較してしまうための★3つですが、話は複線が一杯はってあって、あのしゃっきりした語り口も健在で読むのは楽しかったです。私は歴史物が好きなので、どうしてもPoison Studyに軍配が上がってしまうだけで、こちらが好きになる人も多いかもしれません。こちらは中世の香りもなくて、魔法使いも出てこない。だから現実味が高い。無機質の中で繰り広げられる人間ドラマです。ファンタジー苦手な人もけっこういますからね。

ここで繰り広げられる世界は「歴史は繰り返される」ような支配する側、される側と恐怖政治を描いています。でも結局はその支配も永遠ではない。

ヤングアダルト向けの話ですが、英語がすごく簡単というわけでもないと感じました。英検1級単語は結構でてきます。実際前回読んだ本より読む速度は遅かったので思ったより時間が必要でした。前回の本はすごく情緒がある感じでしたが、この本はもっとロジックがしっかりした感じです。それがこの作者の魅力でもあると思います。でてくる登場人物たちがみんなけっこういさぎよい。すごく強さを感じました。お話は相変わらずスピード感あふれています。タイムリミットまでにミッションを完了しないといけないという場面がたくさん出てきます。そういう意味ではさきに読み進むとは思います。密閉空間でのお話なので、けっこう想像力が必要だなと感じました。描写も結構多い。あたまに描かないとすぐに迷路に陥りそうになります。

続きはどうなるんだろ?というところで終わります。この題名が「Inside OUT」で続きは「Outside IN」だそうです。

さて、次は文学作品?に挑戦。TIMEかBBCで女優さんのキーラ・ナイトレイの話を読んで、前から読もうと思ってたけど急に読みたくなりました。映画を借りて観る前にまず読みます。

でも、ここのところ本ばかりで映画見ていません。仕事も落ち着いてきたのでそろそろ映画館に足を運ぼうかなと思っています。うふふ。



A Thousand Splendid Suns
A Thousand Splendid Suns
クチコミを見る

2人の女性を通して見るアフガニスタンの深く悲しい歴史

降り注ぐ千の太陽(希望)の光がたくさんのアフガニスタンの女性のもとに届いて欲しいと願わずにはいられない

Author:Khaled Hosseini
Period: 2.7.2011~2.13.2011 (7days)
Category:Fiction (based on the history)
448pages

Total recommends: ★★★★☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★★★
can't-sleep-dgree★★☆☆☆(読み出すと寝られないではなく、読んだあと寝られない度のほうが高めでしょうか)
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆

(基準や感想は、あくまで一英語学習者の主観に基づく判断ですご了承ください)


この一週間この本と共にアフガニスタンで過ごした気分で帰ってきました。そんな気にさせてくれる本です。若かりしころに読んでたら、思わずNGO活動に行きたくなったかも。TIMEに載っている悲惨な事実からアフガニスタンを垣間見るより理解できるかも。王制崩壊からソビエト侵攻、そしてタリバン政権の誕生、崩壊までが目の前で繰り広げられていきます。2人のアフガン女性の目を通して。

実はこの本はイギリス人の友人に「最近洋書に目覚めたので、なにかお薦めを」という質問の答えとして帰ってきた本の題名でした。この本と共にデビュー作の「The Kite Runner」もよかったと書いてありました。さっそく日本やイギリスのアマゾンで確認。主人公が男性と女性。女性のほうが好みなのとページ数とお値段の少ないほうとまずはポチッとしました。どうもハンカチ用意なのは必須と買うときに覚悟しました。

主人公はアフガニスタンで生まれ育った女性二人、Marian とLaila。2人が自らの人生をイスラム的、政治的(タリバン)な理由で内戦のさなか、自分で切り開いていくことを決して許されず、弱者の立場を容赦なく突きつけられ、運命に翻弄されていきます。アフガニスタンでは、かくも女性がこれほどの扱いをうけるとはということが詳しく書かれています。ストーリーは親子関係、夫婦関係、内戦、どれも私達が考えているものを越えた形で進みます。この話はアフガニスタン以外では考えられないだろうと思います。なんともドラマチック。2人の女性の幸せを切に願いながら、ハラハラしながら、応援しながら読み進みました。

最初はまったく別立ての章で年齢がまったく違う2人の生い立ちが語られて行きます。2人が出会ってからも、「Marian」と「Laila」の章が交替ででてきます。視点をこの2人の視点にあわせて話が組み立てられています。そこが面白いなと思いました。

ストーリーはあえてあまり触れていないのは、実はアマゾンの書評で詳しすぎるのを見てしまって、読む前にストーリーがわかってしまってちょっとがっくりしたからです。この話を読みたい方は先にあの書評は読まれないほうがいいと思います。主人公の名前が何度も出てくるやつは要注意。

フィクションだとはわかっていながら、全くそのような印象を受けません。きっとこのような生活をしている女性がアフガニスタンには何万人もいるだろうなと思わせる何かがありました。

英語の間にたくさん、現地の言葉がでてきます。前回読んだミレニアムで出てきた以上かも。代名詞とか、一般的な人の呼び方が英語ではありません。そういうの今まで読んだ中でもありました。スコティッシュが混ざっていたり、スウェーデン語が混ざっていたり。それにはちょっと慣れるまで、「これは?だれだ?なんだ?」の世界です。人名も聞きなれない名前が多いです。英語もアフガニスタンから亡命した作者が英語で書かれたものですが、とっても詩的に感じました。(英語学習者なので、そのへんの判断はええ加減かもしれません。すみません。)詩やコーランもたくさん出てきます。そういう意味では★はもしかして4つかもしれません。でもストーリーが理解できないほどではありませんでした。 

ヒロイン達の運命に深く深く、苦しく、せつなく、やるせない気持ちに何度もなるので、読んでいて爽快な気分になれる本ではないかも知れません。寝る前に読むと、寝られなかったし。でも、やはり思ったのは、

「これは読まなきゃいけない本でしょ。」

顔を背けたくなるような事実でも、平和ボケした私達にはこのような素晴らしい語り口で語られる物語を通して現実を教えてくれた著者に拍手を送りたいです。昨日も書きましたが、かつてTIMEの表紙にもなった夫に鼻と耳をそげ落とされた女性や、投石刑(stone to deathと呼ぶ)なども最近見聞きしていたので、さらに目の前にタリバンの怖さをみたような気がしました。

ヒロイン達のことを思えば、自分の日々の悩みなんてと思える作品です。私は涙もろいので、やっぱり何度も涙しました。子供の前ではつらかったので、本を読むのをやめた時もありました。

最後のほうのシーンで一番涙がとまらなかったシーンで思い出した映画が一つ。

「ニューシネマパラダイス」
私の大好きな映画です。

あの有名なラストシーン。私が何度見ても泣いてしまうラストシーンを彷彿とさせるワンショットがありました。ああいうの持ってこられたら弱いんだよなあ。

物語っていいですねえ。

ちょっと重いの続きすぎ。次はすこしはさわやかであることを願って、ヤングアダルトで行きます。





The Girl Who Kicked the Hornets' Nest (Millennium Trilogy)
The Girl Who Kicked the Hornets' Nest (Millennium Trilogy)
クチコミを見る


闘う女性を描いた新しいヒロインのクライムストーリー完結偏!
続きが読みたくなりますよね。残念無念。

Author: Stieg Larsson
Period : 2011.1.28~2.6 (11days)
Category: Crime Thriller
743pages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★★☆
Can't -sleep-degree:★★★☆☆
Mystery-packed-dgree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆

(基準や感想は、あくまで一英語学習者の主観に基づく判断ですご了承ください)

「ミレニアム」トリロジー(3部作)の最終巻。(3部作っていうのが欧米の小説では定番)いやあ、1巻、2巻の複線を見事に3巻で終結させていく面白さを堪能させていただきました。いろんなジャンルを読み始めている私ですが、なんか「大人な1冊」だなあとしみじみ。これ週末でがんばって読めた自分を褒めてあげたい・・・。子供が昨日から新しい塾に通いはじめました。。かなり大変、だからママも自分の限界にまた挑戦。子供が塾でがんばってる間、ミスドでPB2時間も読んで待っていたママは私です。(コーヒー4杯おかわりした)この作品は1時間40ページを越えて読めることはありませんでしたが、苦手な英文を読むより「先に進む」ので、本当に大量に英語が押し寄せてきます。この調子でがんばってスピードを上げていきたいなあと思いながらも、精読も春には集中してしなくちゃいけないなあと思う次第です。

ストーリー(ネタバレなしです)
ストーリーは1巻から続く完結編で、Salanderが重症を負いBlomkvistに助けられて病院に収容されるところから始まります。Salanderには複数の殺人容疑がかけられ、裁判が待っている。彼女を救おうとBlomkvistはありとあらゆる手段を講じていく。秘密裏に行われる事件の核心部分の執筆、妹で弁護士のGianniniを弁護士として依頼し、Salanderの元上司や元保護司の協力も得る。その一方で不穏な動きが渦巻き、その背後まで迫ろうといていた。12歳の少女の闘いが国家を揺るがす事件へと発展し今真相が暴かれようとしている。最後の最後まで手に汗握る展開。第3巻は4つのパートからなり、最後にエピローグへと続きます。

3部作の中で一番長い作品です。1巻から引き続き出てくる登場人物、2巻でも出てくる登場人物、そして新たに3巻でも重要な登場人がでてきます。ややこしいですよね。で、最後までほぼ全員引っ張ってつれていきます「ええっとこれは確か刑事だったな。これはギャングで、え?これはファーストネームで確かさっきの刑事か?だ、誰やねん!」と怒った人も多いはず。途切れ途切れに読むと余計にわからなくなること請け合い。一気に読んだ部類の私でさえ。(3分の1ぐらいは大抵一気読みします)時々考えながら読んでいました。しかも東欧のお名前は覚えにくいっす。3巻まで来ると、もう地名は無視に近い(笑)でも、一度行ってみたくなりますね。

しかし、一貫して作品を覆っているなあと感じたのは、フェミニズム。今回は特にそれが顕著にでていると思いました。Salanderをはじめ、登場する多くの女性はmale chauvinismに対して闘い続けます。だから章の途中で何度も「アマゾネス」ついての記述が繰り返される。扱っているのも1巻から女性に対する性的虐待、ハラスメントへの復讐劇であるよにもとれます。これ書いている人が男性だからまたその作品の中立性が成り立って、事件解決のスピードや展開もあわせて賞賛されているんだろうなあと読んでいて思いました。ホントにスネに傷持つ男性がその痛いところを突かれてコテンパンにやられていきます。弁護士のGianniniが裁判で男性精神科医をこれでもかと言うくらい理論武装でやっつけてしまうところは見もののひとつ。私は本を置くことができませんでした。

それとこの本の魅力だなと思うところは、全く別の場所で行われていることこが、最後には一気に本筋に流れ込んできて事件が解決されていくところです。前巻でも主人公の2人が実際に会うのは(お互いに存在を確認するという意味で)たったの2シーンだけ。直接話を交わしたのは確か1回きり。今回もたくみに同じような設定を利用しています。物語の重要な小道具にコンピューターを配置させてある故にできること。web上でも話が進んでいきます。だから2次元というより3次元的な感覚で読みすすめました。おもしろい。

alarsson_0524そして、一番残念なことは、何度も触れてきましたが、この作者であるラーソン氏は次巻をコンピューターに残したまま、心臓発作で急逝されました。(写真はLarsson氏。パートナーの方の写真もありましたが,webでは見れないようです。)
私が読んだ記憶では、自分の事務所に入ろうとしたら、エレベーターが故障していたので、階段を使った。そうしたら、ドアのまえで急に発作に見舞われてしまったのだそう。彼のパートナーであり、ミレニアムシリーズを一緒に手がけてきたパートナーは結婚していない故に、この世界的なヒットの恩恵をほとんど受けておらず、すべては何年も音信普通だった、父親と兄に行ってしまっているという記事を去年読みました。なんともかなしいお話。思うに、そのパートナーの方がいなければ、これほどまでに強いキャラクターの闘うヒロインは生まれでなかったのでは?と勝手に思う私でした。ご興味ある方は記事がありました。こちら↓
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1989142-2,00.html

私はこの記事を読んでいなかったら、今頃のこの3部作を読んでいなかったと思います。

しかし、Salanderの「読書」の特技をうらやましいと思ったのは私だけではないはず。もっと早く英語読めるようになりたいよう。

最終巻では、随所に次巻に続いていくであろう書き込みが伺えました。キャラクターの書き込みがしっかりしている。ラストの終わり方も、扱った事件と反してホントにさわやか。著者の方のスタイルのかっこよさを感じました。

ほんとに、ほんとに残念です。

このページのトップヘ