英語読書日記 by angel

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2011年03月

The Book Thief
The Book Thief

死神が人間から奪うものは魂?それとも?ナチスドイツをホロコーストではなく、ドイツの民間人側から描いた感動作。

Author:Markus Zusak
Period:3.15.2011~3.28.2011(about 2weeks)
Category:Fiction based on the history
554pages

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-dgree:★☆☆☆☆
Myster-packed-degree:☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

この本はニュージーランドの知り合いの方に薦めていただいた本の一冊です。偶然にもイギリスのアマゾンで評価が凄く高くて、私がチェックしていった本からもお薦めと出てくるのでアマゾンですでに購入していました。

早速本を開きましたが、予備知識なしで読み始めたら、どうもナチスドイツ下のドイツが舞台でした。

この本のナレーターは死神。舞台はヒトラーが台頭し始めたドイツ。あるドイツ人夫婦の養子になるために弟と列車に揺られて母に連れられていく主人公リーゼルは、列車の中で弟が死んでいるのに気づく。途中母と弟の埋葬を済ませてから里親のもとを訪れる。墓場で拾った(盗んだ)本を抱えて。

そこで待っていたのは、厳しそうな養母と無口だけれども心優しい養父であった。貧しい夫婦に引き取られ、リーゼルは学校になかなかなじめず、夜は弟の夢で苦しむ日々だった。リーゼルを気にかけてくれるのは養父のハンスと近所のルディという少年。養父のハンスはリーゼルをあたたかく見守り、字の読めないリーゼルに自分も苦手な字を教え始める。やがて焚書の際にリーゼルは表紙が燃えてまだくすぶっていた本を拾う(盗む)。それを死神はいつも見ている。彼が名づけたリーゼルのあだ名は「The Book Thief」(本泥棒)

やがて、ナチスドイツが台頭し恐ろしい日々がやってくる。死神は魂を拾うのに忙しくしながらも、リーゼルを見つめつづける。

そしてある日、リーゼル一家の家をノックする人物がいた。

この本の要約はすごく難しいです。史実に基づいた事実もあるし、もちろんフィクションだし。章が細かく分かれていて、時系列も時々前後します。ナレーターが死神ですが、少女リーゼルの視点が中心。彼女がナレーターでないところがすごくポイントです。

読み終わったあとでいろいろ見ていたら、この本一応「ヤングアダルト」部門でもあるらしいけど、大人にも評価が高い本だそうです。え?ヤングアダルト?読みやすい?私はなぜか時間がかかりました。すごく早く読める部分と、遅くなる部分が混在していて、いつもなら、200ページを越えると乗ってくるんですが、このお話に関しては300ページを越えてやっと読めるようになってきました。まあ、子供の春休みに引っかかったのもちょっと原因でしょう。しかし、最後になればなるほど物語の層をなす構成にうなりました。

著者はドイツ人の母とオーストリア人の父の移民である両親を持つオーストラリア人の方です。ドイツでの戦時中の話を聞いて育ったそうです。だからドイツの戦時中の生々しい伝わってきたんですね。でも客観的でもある。だからすごい。インタビュー見つけました。オージーイングリッシュ入っています。


最後の30ページで星四つから5つに変わった本の一冊となりました。ラストの50ページを家で1人で読めてよかったです。涙で字がかすみました。今日、子供の講習を待つカフェでこれしたらヘンなおばちゃんだった。淡々とした語り口なので余計にラストがつらかったです。さらっとした死神の語り口とその心(があれば)の変化の脚色に脱帽しました。センス感じちゃいました。

ドイツ民間人からの第二次世界大戦を描いたのも私にとっては初めての経験でした。ナチスといえばホロコーストですものね。この前見たナチス物といえば、タランティーの映画だったしなあ。これ、実は映画化されているそうです。日本にきましたっけ?なんとハンス役にはジャン・レノが出ていていました。(だと思います。他のトレーラーではハリポタのルーピン先生のデヴィッド・シューリスとも思われる映像もありましたが。どちらでしょう?)ユダヤ人のマックス役は「戦場のピアノニスト」の人。これどこかでなんとか観ようと思っています。トレーラーを見つけました。



ちょっと原作読んだ感じよりこのトレーラーはドラマチックですが。本を読んだ感じではもっと淡々とした印象でした。でも実写のフィルムがあるから生々しい感じはでてるかもしれませんね。でも、日本にはどうも来ていないのか?く、くやしいなあ。「アレキサンドリア(原題Agora)」とか、「私を離さないで(原題Never let me go)」みたいに来るのが遅いだけなんでしょうかね。字幕なしで挑戦する映画がまた増えてしまいました。シアター系の映画はママには観に行くのが困難なんですよね。独身の頃なら観にいったんですが。

ちなみにここ最近で字幕なしで観ようと思っていた作品は「Never let me go」です。都会の小さな映画館で1週間で終わってしまう。春休みに。ママには無理ざんす。観にいけないのでアメリカのアマゾンでネットレンタル初挑戦するつもり。(この前見つけた)字幕がないからよけい英語の勉強になるということで。

PB生活三昧ももうそろそろ休業にはいるかもしれません。くすん。仕事しなくちゃ。

今日も来ていただいてありがとうございました。

The Fall (The Seventh Tower)
The Fall (The Seventh Tower)
クチコミを見る
Author:Garth Nix
Period:3.13.2011~3.15.2011(3days)
Category:Fantasy for children 9-12 years old
195pages

図書館で日本語の本を子供に借りてきて、子供が夢中になった本の原作です。子供は一気に7巻までとっくに読みきって、「ママも読んで欲しい。」というので、日本語も1巻を読みましたが、なんだか時間がもったいないので、「どうせなら英語で読むわ。」と1巻の原書を購入して置いてあったものです。実は週末の一日ぐらいで読もうと思っていました。でも、心がざわついてあまり本をとることができずに、3回ぐらいに分けて読みました。

日本語と英語の構成がかなり違うと聞いていました。英語だけで読むとおそらく出てくるクリーチャーすなわち想像上の生き物達の説明がないのでわかりにくいだろうという翻訳者の配慮でそうなったんだと思います。日本語も英語もざっと読んでしまって厳密ではありませんが、前半部分に翻訳者が加筆したのではないかと思いました。日本語を読んで3ヶ月はたっているので、ちょっと覚えていません。後半はけっこう原作に忠実ではなかろうかと思いながら読みました。

英語は子供向けなので早く読めると思います。Kira-Kiraと同じ程度でしょうか。英語子育てをしている方で2級をとられているような小学校高学年から中学生ぐらいの子でファンタジーが好きならよめるかもしれません。うちの子供もそのうち読んでくれたらと思いながら、道のりは長いです。

日本語を先に読んで英語の原書を読むのはダン・ブラウン以来です。さすがに映画がはやった当時に原書にいきなり挑戦するのは無理だとおもったので、日本語を読んで英語を読みました。「ダヴィンチ・コード」と「悪魔と天使」の2冊です。ダンブラウンの作品はそれ以外にも2冊読みましたが、それらは英語だけで挑戦しました。その時は「やればできるじゃん!」とうれしかったなあ。まだまだ修行の旅は続きますがね。

でも、この本はさすがに子供向けなので、それはしなかったほうがよかったと思いました。読んでいてあまりわくわくしませんでした。だから偏った感想しかかけません。

アマゾンの書評にもあるように、ハリポタが難しくて、ファンタジーが好きならば、この本は読みやすくていいかもしれません。

The Bride Finder: A Novel
The Bride Finder: A Novel
クチコミを見る

夢見る大人の女性のためにささげられたEnchanting Story!

女性限定英語力向上応援本?

Author:Susan Carrroll
Period:3.8.2011~3.10.2011(3days)
Category:Historical Rommance
400pages

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-dgree:★★★★★
Myster-packed-degree:★☆☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★★★

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。


いやあ、止まりませんでした。すでにもうこんな時間。

朝からいつもの英語ニュースを聞いて、午前中に最後の実ビシをやって、午後から読み始めて、他の取り組みをせずに一気に完走してしましましました。

ここのところとっても真面目な本が続いたのもあったのかもしれません。むしろ本筋はそっちのほうがすきなのですが、ちょっと文学の薫りがするもの。

でも、間にロマンスはさんで結構ヒットでした。この本は日本語だったら、ちょっと躊躇するだろうなあという内容だなあと思いながら読み始めたのですが。やられた~。おもしろかったです。

舞台はイギリス、コーンウォールの崖が切り立った上に立つ古城。その城の城主であるAnatoleは逃げられない運命に苦しんでいた。彼はその宿命を背負いながら、彼の花嫁を探すことに。しかし一族の教えは土地の司祭の特殊な能力に頼らねばならなかった。司祭の仕事とは、
「The Bride Finder」
彼が見つけた花嫁でなければ、一族に待っているのは不幸な死だった。
その司祭がロンドンで見つけた花嫁MadelineはAnatoleのミニチュアを見て彼の花嫁になることを決意する。
 胸いっぱいに夢を膨らませてやってきた彼女を待ち受けていたのは、幽霊屋敷のような古城と、ミニチュアとはかけ離れた粗野で冷たいAnatoleの態度だった。しかし、それには理由があった。彼に隠された秘密とは。

これ、はっきりいって、大人の女性版「美女と野獣」ですね。いや別に野獣はでてこないんですが、読んだ人は少なからず思い浮かべるんじゃないかなと思いながら読みました。一応R指定入れないといけないから大人の女性としました。そのような描写は出てきますが、それまでのAnatoleの身を焦がすような心情がなんともいえませんでした。暗い過去を引きずって心を愛する女性にささげきれない彼のジレンマ。いいなあ、うっとりしましたよ~。ほんとに。そのじれったさと愛のシーンのおかげでページターナー本になるということで、歴史物や、ちょっと現実離れしててもOKって女性の方には英語読んだって感じの本になると思います。

これ、アマゾンJapanで書評書いている人が全員★五つだったので購入してみたんですが。納得しました。まだそんなにたくさんロマンスを制覇しているわけではありませんが、これぞロマンスだなあと。なんかすごく円熟味がかんじられたんですけど、書き手がもう上手。ツボを知り尽くして書いてるって思いました。愛のマジックとでもいいましょうか。前に読んだロマンスの大御所「Outlander」の時代よりちょっと先だと思うんですが、あそこまで壮大ではないにしても、すごくまとまっていて、安心して読めました。
タイムトラベルものではありません。

単語はけっこう難しいものが登場しますが、それを超えられるストーリーだったので、読みすすめれました。ラスト100前までは結構辞書を片手に読んでいました。ラストはそんな暇もなく一気読み。

恐るべしロマンス。また読もう。でもいろいろはさんでね。

朝起きれるかどうか自信ありません。仕事なのに・・・


Down River
Down River
クチコミを見る

どんな嘘もどんな罪もすべてを内包して川は流れる 
5年前、罪に問われた主人公が故郷にもどるとき、家族を取り巻く時計がふただび動き出す

Author: John Hart
Period: 2.28.2011~3.6.2011 (6days)
Category:Crime Thriller
361pages

Total recommends: ★★★★☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★☆☆
can't-sleep-dgree★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★★
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

John Hart 2冊目です。私は3作目を先に読みました。主人公が子供のほうがとっつきがよかったので。

お話は5年前に起きた殺人で義母から犯人であるという証言をされ、街を出ざるをえなくなったAdam。その彼に幼馴染のDannyから電話が入る。どうしても帰郷してほしいといわれ、彼は悩んだ挙句にDannyをたずねることにする。しかし、肝心のDannyはフロリダに行ったという。そしてその夜Adamは襲われる。久々の家族や元恋人、そして家族同然の父の友人の祖父とその娘Graceと再開するもつかの間。幼馴染のGraceが突然誰かに襲われる。

5年離れている間に、Adamの父の所有する土地をめぐって争いが起きていた。果たしてGraceを襲ったのは土地を売らない彼への嫌がらせなのか。そして第2の殺人が明らかになろうとしていた。果たして犯人は?

最後の30ページまであまり乗ってなかったのが正直な感想です。きっと主人公Adamに感情移入できなかったのが原因だと思います。でも最後は前回読んだものと同じく、派手ではないけど、やっぱり謎解きがおもしろかったのと、すごく作者の思い入れを感じたのでちょっと感動しました。

きっとこれは男性の方が読んだほうが感情移入しやすいと思いました。でも、登場人物の性格はみなとても曲がった感じがないと思いました。みなそれぞれに自分の思う道を行っている。いいすぎかもしれませんが、へんなずるさがでてこない。土地柄を表しているのでしょうかね。内容が内容だけにご陽気な性格の人は出てこない。みなむっちゃシリアス。

ネタバレになるので、いえませんが2冊読んで納得したのが、犯人設定の時にやる情報操作ってやつですか?なんといえばよいのか。表現へたですみません。犯人をこの人とにおわせるいろんなトリックが面白かったです。推理物は作者にだまされることではじめて楽しいのだと改めて気づかせてもらいました。

英語はLast Child読んでいるときよりも意味が取りにくいなあと少しだけ思いました。Last Childよりも読むのに時間がかかりました。乗りもよくなかったのもあると思いますが。言葉も例えばsuicidal watchというのが最初?と思って、読んでいるうちに分かりました。

でも、やっぱり人間の業を描いていて、すばらしいなあと思いました。人間は1元的ではない。楽しさも苦しさもすべてを受け入れて自分のなかでそれを大きくしたり、小さくしていきながら生きていくのだというメッセージを感じました。

今年にはいってこれで10冊!がんばってます。先週も今日もネイティブの友人に本のお薦めをきいたので、読みたい本がいっぱい!まあ、それが自分の実力にあっているかどうかは別にしてですが。次は何を読もうかなあ。

このページのトップヘ