英語読書日記

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2013年03月

Dragonfly in Amber (Outlander)
Dragonfly in Amber (Outlander) [CD]
Author:Diana Gabaldon
When:March 3rd   ~ March 27th 2013
Category:Historical fiction
Pages: 752 pages  (38 hours)

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty:
★★★★☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★★☆
Adventure-packed -degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆

英語読書累計 5177 pages 

怒涛の38時間、しかもとっても濃い「アウトランダー」シリーズ2巻です。これよりも長いのをチャレンジしたことがあるんですが、45時間の"World without End”。私にとってはこっちの38時間のほうが負荷が高かったです。

第1巻を読んだのが確か2年ちょっと前。だから覚えているかなあと思ってたら、けっこう覚えてました。前回は目読書で、今回は耳読書。負荷が高かったけど、それなりに楽しめたのでよかったです。752ページと聞くと「あ、目読書にしとこう」と長編を耳読書にする傾向がでてきました(笑)その方が早く終われるような気がして。でも3週間以上かかってますね。忙しかったのと、春休みでペースが落ちたのもありますね。

これはイギリス人のクレアがスコットランドのストーンサークルに迷い込んで18世紀にタイムスリップしてしまい、スコットランド人のジェイミーと出会い波乱万丈な人生を送るというお話なんですが、これがまたものすごい細かいところまで描写されていて、中身が濃い。綿密に下調べをされた史実と想像のお話をここまで膨らましたタイムスリップヒストリカルロマンスは今後出ないんじゃないかというぐらい大ヒットした「熱い」お話です。

2巻は物語の前後に現代(確か1965年ぐらいで、ヒロインのクレアは45歳になっていてびっくり)のスコットランドと、18世紀のクレアとジェイミーの波乱万丈のフランスとスコットランドでの出来事が描かれています。登場人物も1巻に続いてクレアの現代での夫フランクの先祖であり、ジェイミーの宿敵でもあるジャック・ランドールも登場。フランクの祖先の出生の秘密もあきらかになるし、クレアの娘のブリアナの出生の秘密もあきらかになります。

歴史上の実在の人物も絡めながらのお話なので、そのへんが醍醐味なんですが、ジャコバイトとかはきっと世界史の教科書でも言葉しかでてこないかな?チャールズとか、ジェイムズとかいう名前も王様の名前としても数人いるのでややこしいかもしれません。今回はイギリスだけでなく、フランスのベルサイユまで出てきてのけぞりそうになりました。

個人的に楽しめたのは、現代部分の謎解きのところです。家系図や古書を調べながら、実際にその時代にいたことのあるクレアが答えをあかす部分がおもしろかったです。それと、ジェイミーを18世紀に残してクレアが旅立たなければならないところはぐっときます。もう「愛」がすべてって感じです。

このお話はもう20年も前に書かれたものですが、現代の部分はもともと1940~65年ぐらいなので、色あせた感じもなく楽しめると思います。歴史好き、ヒストリカルが好きな方は楽しめると思いますが、好みが分かれると思います。

で、これ確か6巻?ぐらいまであるんですが、すぐに読むのは濃いのでしばらくやめて、いろいろ取り混ぜて、話を思い出せるうちに3巻に行きたいと思います。聞くところによると、3巻以降がノンストップで面白いらしい。

英語は18世紀の生活様式とかを描写している部分はわかりにくいかもしれませんが、会話も多いので話を見失うことはなかったです。使われている単語は全部がやさしいわけでもなかったです。時代物であるのも考慮して難しさレベルは一応★4つにしときました。

さて、次はもう聞き始めている、「クリフトン・クロニクル」の3巻。なんだか聞きやすさや、話への入りやすさが全然違う。やっぱりエンタ系、ページーターナー系は読みやすいし、聴きやすいんですね。

今日はジャーナルも書こうと思ったんですが、もうこれでエネルギー切れです。明日にまわそう。
おやすみなさーい。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Snow White Must Die
Snow White Must Die [ペーパーバック]
Author:Nele Neuhaus (translated by Steven T. Murray)
When:March 6th   ~ March 22nd 2013
Category:Mystery
Pages: 383 pages  

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:
★★☆☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★☆

英語読書累計 4425 pages 

これはふと職場でお昼ご飯を食べながらぶらぶらネットを見ているときに見つけたものです。タイトルが気に入って読みやすそうだったので読み始めました。

物語は冤罪を扱っています。舞台がドイツなのと、タイトル通りどことなくグリム童話を感じさせます。作者は意図しているかもしれません。私はグリム童話を繰り返し読んで育ったんでよけいそう感じたかも(笑)ドイツの閉鎖的な村で起こった殺人事件。村人たちは口を閉ざし、そして事件は繰り返される・・・。でも舞台は現代ですがね。

ドイツの現代ミステリーが英語に翻訳されたということは、ヒットはお約束なとこがありますよね。評判通りのページーターナーでした。犯人がなんとなくわかっても面白い。ミステリーで面白い、読みやすいという意味で★4,5という感じです。これは映画化されるんじゃないか?映像がはっきり浮かぶようなお話です。

ミステリーに辛めの私もこれは久々楽しめました。なんとなくヨーロッパって感じも好きだしなあ。

作品の半分までは忙しかったのもあったので、ちょっとずつしか読み進められなかったんですが、半分は昨日と今日で読めちゃいました。時間があれば昨日のうちに読みたかったけど、寝不足になるので昨日は30%であきらめ、今日残りの20%を読みました。後半はぐいぐい引っ張ります。

読み始めてドイツ語からの翻訳本であることが判明。だからわかりやすかったです。今までも何冊が英語への翻訳本を読みましたが、たいてい負荷が軽いです。たとえばこんなのありました。
The Reader
The Reader [ペーパーバック]

The Girl with the Dragon Tattoo (Millennium Trilogy)The Girl Who Kicked the Hornets' Nest (Millennium Trilogy)The Millennium Trilogy: The Girl with the Dragon Tattoo, The Girl Who Played with Fire & The Girl Who Kicked the Hornets' Nest (a 3-in-1 ebook pack)
The Girl with the Dragon Tattoo (Millennium Trilogy) [ペーパーバック]
The Girl Who Kicked the Hornets' Nest (Millennium Trilogy) [ペーパーバック]
The Millennium Trilogy: The Girl with the Dragon Tattoo, The Girl Who Played with Fire & The Girl Who Kicked the Hornets' Nest (a 3-in-1 ebook pack) [Kindle版]
The Shadow of the Wind
The Shadow of the Wind [ペーパーバック]
全部舞台はヨーロッパですね。上から、ドイツ、スウェーデン、スペイン上から順に負荷が重くなる感じです。

中でもThe Milennium Trilogyはミステリーというカテゴリーも同じなので、話は全く違うけど、読んでて最初に思い出しました。まあミレニアムほどのインパクトはありませんがね。あれはちょっと別格ですよね。

英語で読んでても、ヨーロッパとアメリカでは全然雰囲気違います。私はこの雰囲気が結構好きです。

あと、読んでてこれもなぜか頭に浮かびました。これはフランス語なので、映画と日本語の翻訳を読んだだけですが、
クリムゾン・リバー デラックス版 [DVD]
クリムゾン・リバー デラックス版 [DVD] [DVD]
これ、パート1だけ面白いですよね。2はつけたしって感じ。

一番雰囲気が近いのはMilenniumですが、これもふと思い出しました。
The Last Child
The Last Child [ペーパーバック]
お話自体はこの著者のこれも感じが似てなくもない。
Down River
Down River [マスマーケット]
これは舞台はアメリカで、このお話よりももっと複雑でミステリーっぽい。上のMilenniumを合わせたような感じ。

って、いったいどんな話なのか結局わかりにくいですね(笑)でもミステリーなのでネタバレしちゃうと面白くないですからね。

それと男性作家だと思い込んで読んでたんですが、女性作家でした(笑)

男女のキャラもちゃんとしっかりと描かれていて安定した感じで読みました。これ読んでて「女性の方が一枚上手」「女はつおーい」「女はコワーイ」と隅々まで感じます。その辺がこの作者のウマいところかも(笑)

私の一番のお気に入りキャラはPiaという敏腕女性刑事です。彼女のキャラがとボスのOliverのペアが話を客観的にしながらも、両キャラの私生活もちゃんと描かれていて話のウマさを感じました。刑事も人間。人間関係を絡めながら、結構ショッキングな真相や、一つ間違えると悪い印象を与えかねないようなこともバランスをとってうまくまとまっているといった印象です。

さて、今日から子供は春休み。塾もあるし、春期講習もあるので、なんだかんだと忙しいですが、リズムがとれないのは仕方ないですね。それに季節ごとにお掃除しないと(汗)書類の山を分類するだけで日が暮れそうです~。

昼寝と掃除三昧の春休みになりそうです・・・。やんちゃな子犬も増えたので、ちょっとタイヘン(汗)ものすごい速度(時速30キロって感じ)で部屋を走ってサークルに自分から激突しても、なお走る。大丈夫か?俊足だ。しかもエサの食べが悪いので栄養補給にともらっていた缶詰を混ぜてあげてたんですが、先日ペットショップで「ちょっと太ってますね。今日からあげないで」と言われました。そういえば、ますますテディベアのように丸々してるな(汗)まあ、時速30キロで走っておいてもらいましょう。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Pride and Prejudice
Pride and Prejudice [ペーパーバック]
Author:Jane Austin
When:February 4th   ~ March 2nd 2013
Category:Fiction (classic)
Pages: 480pages 

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★★★★
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★☆☆☆☆

英語読書累計 4042 pages

200年以上を経て、多くの人を魅了してやまない不朽の名作

いやあ、昨日読み終わりました。ちゃんと丁寧に読んだつもり(汗)いちいち辞書機能を使って単語を調べながら、現代とは違う言い回しに戸惑いながら。でも日本語よりは変化が少ないので読めます。座って読む時間もあまりなかったのもあるけど、腰を据えてじっくり読みたかったので時間をかけて読みました。しかも、目読書で読む前に耳読書で1回、目読書をすすめながら2回目の耳読書。だから全部で3順し、調べた単語350語以上。

やっぱり古典は古典でした。現代ものとはまた違います。かみごたえが違うというか。

もう内容は言わずと知れた超有名作品。(特にイギリスでは)とにかく読む女性を魅了してやまないラブストーリー。コミカルかつ知的なストーリーです。影響された作品を数々読みましたが、これがすべて根底に流れている。この作品には何も申すことはございません!大昔の回りくどい(笑)恋の行方を堪能しました~。

ストーリーも知っているし、使っている単語が現代と少し違うぐらいで(難易度は高めの単語が多いです)、文が難解なわけではありません。

でも、ずっとずっとこれを読むのを憧れて今までがんばって英語読書を続けてきたので、感慨無量です。
最後まで読了できただけでもうれしいです。

文学がたのしいと思えるようになってきて、いわゆる「ページターナー」ばかりを読むのではなく、たまにはじっくり腰を据えてやってみたかったんですよね。ここ数年の目標として。まあそんなことばっかりやってるから、テストで点とれないんですよね(笑)でもこっちの方が楽しいですよ♪いや一応違うこともしないとね。だから今日は某国公立の長文問題片手に朝ごはん食べました(汗)

最近特に感じていることは、英語読書は案外耳読書の方が敷居が低いということです。目読書よりも知らない単語に出くわしてもあまり構えていなくて、イメージを頭に思い浮かべて聴いているので、ちょっと違う感じです。読む方が時間がかかる。これはあえて両方でやってみたんですが、それを如実に感じました。

聴いている方がドラマチックです。

内容理解はどちらが上かと言われると、私は同じ印象ですが、細かい言い回しを印象づけるのは耳読書では無理かもしれません。なんか使ってる脳みそがちょっとだけずれてる感じがします。

聴く方は1回1週間もかからなかったけど、読む方は約1か月かかりました。

これは、現代の作家の人、特に女性作家は必ず読んでいるだろうなあという作品です。今でも非常に人気が高くて、現代作家の作品自体に本当にたくさん引用されるほど人気があります。(作品自体もパロディ化されてますしね。「ブリジッドジョーンズの日記」は有名ですね)だからずっと気になっていて、イギリス人の友人にBBCのドラマを強制的に「絶対気に入るから一気観するように!」と貸してくれて、命令されて徹夜で観た作品。今や私も虜です(笑)

だから、なんとか時間を作って、これ見まーす
Pride & Prejudice Restored [DVD] [Import]
Pride & Prejudice Restored [DVD] [Import] [DVD]
映画化も何度もされてますが、私はこのBBCドラマが好き。イギリスに行った時に家族で1日ツアーに申し込んだときに、このドラマのロケ地に行けるはずが、雨がひどくてハリポタのロケ地とコッツウォルズになってしまったことがあります。いつかまた行きたいなあ。

やっぱり多読をするには古典ではなく、最初は読み進むページターナー本(エンタ系、ロマンス、ミステリーなど)をたくさんたっぷり読んだ方が抵抗感が少なくなると思います。それを今回は感じました。ということは、児童書で硬いのは案外読みにくいだろうなあと言うのがやっぱり今の感想です。

ということで、次は軽く読めそうかなあと思うミステリーに挑戦してみようと思います。耳読書がこれまた大作(38時間もの)に挑戦中です。これも目読書の方が時間がかかる作品です。

そうそう、昨日気が付いたんですが、アメリカのaudibleで新作が結構規制がかかっていてダウンロードできなくなってきていました。最近は聴く方が楽なのでちょっと悲しいなと思っていたんですが、昨日日本アマゾンでチェックすると、アメリカでダウンロードできなかった新作のCDが結構出ている・・・。

そうか、日本でCDを買えと言うことね。せこいなアマゾン。→どっちが!(私は前払い会員なので、1作品約9・9ドル(900円ぐらい)でダウンロードできる。CDを日本アマゾンで買うと2000円以上する(涙))

TPPは関係あるのか?規制緩和を!私に快適な耳読書環境をくださーい。いや勝手な私ですね(汗)

さて、持って帰ってきた仕事します。自分の英語したいなあ(涙)せめて耳読書しまーす。

今日も読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

The Bungalow
The Bungalow [CD]
Author :Sarah Jio
Narrator:Gin Hammond
When: February 26th~March 1st 2012
Category:Fiction
Length:  8 hours and 21 minutes ( 320 pages 
)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★☆☆☆☆
Story:
★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★★
Romance-packed-degree:★★★★★
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆


英語読書累計  3562 pages  
耳読書時間累計 73時間41分  

ほんとはまた1か月ぐらいかかりそうな長時間ものにしようかと思っていたんですが、バタバタして気がそがれるかなあと思ったので、読んでも読みやすかった作家のものに挑戦しました。アマゾンで「これいいな」とaudibleバージョンを探してもなかったりすることが多い今日この頃(汗)読みたいものの中で探すのが結構このところ難しくなってきています。最新作はCDは出ていてもaudibleがなかったといったことも多いです。くすん。

第二次世界大戦時のタヒチのボラボラ島がメインの舞台。シアトルに住む女性Anneがボラボラ島から1通の手紙を受け取るところから話が始まる。Anneが戦時中にボラボラ島で看護師として9か月従事していた時に起こった事件は彼女の胸の中で何十年もしまわれていたが、手紙をきっかけに孫に当時起こったことを語り出すAnne。それは家族の誰も知らない秘められた物語だった。

この著者の作品は2作目なので、どういう類のものかはもうわかっていて聞きました。同じパターンを踏襲します。何十年も前に起きた事件の謎が初めて解かされる。そしてその中には深い深い愛がつまっている。話も前作よりもさらに結末がわかるつくりです。ミステリーとしてはこれは扱えない(笑)ぐらい謎が最初からわかってしまいました。もともと犯人探しが得意。でもこれは読む人誰もが思うでしょう(笑)どう考えても作者もわかって書いているとしか思えないほどです。だから謎がもう少し謎として抑えられていたらよかったんですが、これは甘めの★5つです。自分の中では4,5ぐらい。

それでもなおノスタルジーを呼び起こし、最後に涙しちゃった私だったし、やっぱり読みやすいので総合は5つにしときました。

話を読んで(聴いて)初めて「へえ、あのきれいなボラボラ島も実は戦時中には大変だったんだ」ということを今さらながら改めて気づかされました。こういうのはいいですね。私は歴史が絡むのが好きなので、いままでもこの時代のものを扱った作品はいくつか読んだような気もしますが、こういう気づきがあるのがすごくいいなと思います。

ヨーロッパからの視点、アメリカからの視点、そして日本で日本側の情報を教科書で教えられてきた自分の視点。ロマンスでもけっこう視野が広まるなあ。

まだ2作目ですが、この作者の作品は「時代を超えた不変の愛」を取り扱っているので、ぴったりと言わないまでも、結構好みです。しかもスッと読めるので私にとっての常宿?となると思います。すごく読みやすいし、感動もするし、愛情いっぱい。欲をいえば伏線を張るならもう少しあとになって事実がぱっと明らかになるような伏線を張ってほしいかな。先にわかりすぎちゃいます。

目読書も、耳読書も今年は故意にペースを落として読んでいるので、冊数も時間も月平均にするとちょっと少な目になっています。しかしけっこう抑えるのは苦しいです。昨年は耳読書だけでも月に5冊分は聞いていた時もあったので、それに比べるとほんとに少ない。でも春からは車通勤になるので、もっと抑えるつもりです。車の中は音読パラダイスですからね。ちがう取り組みもしないと。でもaudibleを探すのが難しくなっているのでちょうどいいかも。

さて、また次に何聴こうか悩んでいる私です。クリフトンクロニクルの新作もaudibleだけないしなあ。リサ・ガードナーの新作もこれまたaudibleだけない・・・。うーん、ケン・フォレットに手を出すしかないのか!?

考えます・・・。休みになりつつあるしなあ。

このページのトップヘ