英語読書日記

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2013年04月

STORYTELLER
STORYTELLER [ペーパーバック]
The Storyteller [Kindle版]
リンクは日本アマゾンです。実際はhttp://www.audible.com/pd?asin=B00B4EHL6Cでダウンロードしました。

Author:Jodi Picoult
When:April 16th ~ April 26th 2013
Category:Fiction
Pages: 
465 pages (18 hrs and 13 mins)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:
★★★☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★★
Romance-packed-degree:★★★☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★☆

英語読書累計 7132 pages 

これは、衝撃作です。やっぱり一筋縄ではいかないピコー女史。いやあ聴き終ってほっとしました。これは深くて重かった。ホロコーストを中心にそえながら、違う視点に立ったとき、人間の善悪とは何か、罪びとの魂の救済について考えさせられます。読むのに何度か躊躇した作品でしたが、読んでよかったです。ただの戦争ものではなく、現代と回想シーンを行き来するミステリー仕立てでした。

audibleは3つのパートに分かれているんですが、真ん中のパートはまさにホロコースト真っ只中。まるでアウシュビッツで主人公と一緒にいるような気分になりました。すごい臨場感。このパートだけだと、can't-sleep-degree
がマックスになるぐらいの凄さがありました。今まで読んだ中で一番詳しくホロコーストの様子を知った気がします。心に突き刺さりました。

衝撃的ではありますが、その中にもフィクションだとわかる部分はどう考えても計算済みのような作りに思えました。ホロコーストをどう生き抜いたかのエピソードはフィクションならではの面白さです。

話の構成もかなり面白かったです。飽きさせない展開だし、エピソードが全部根底でつながっていて、最初は「この部分はいったい誰のことを話しているんだろう?」と思える展開がありますが、それは物語の中の物語で、創作として、寓話としての巧みな絡みに著者の物語を編み出す技術の高さにうなりました。

一方でちょっと残念だったのは、ある意味筋が読めてしまうところでした。そうなることはもう半分行ったところでわかっていたんですが、やっぱりそうかという展開。それでも尚、このお話は読むに値するとは思います。ミステリーとしてはイマイチですが、他の部分でそれを完全にカバーしてくれる内容です。読んであまり裏切りはありません。個人的に感じるのは、すごく綿密な印象の作家です。

それから、重いテーマの中においてもウィットも盛り込んだところがあり楽しめました。例えば、カフェでセージ(主人公)とレオ(FBI捜査官)が若い女性が確かプルーストを熱心に読んでいる場面に遭遇して「あの熱心に読んでいる本が"Fifty Shades of Grey”じゃなくて安心した。未来は暗くないね」みたいなセリフには笑いました。(読んだ方は笑うはず(笑))

これはaudibleで聴くからこそその差し迫る何かを感じることができたような気がします。すごく贅沢なナレーションでした。全部で確か5人のナレーターが交互に朗読します。でもドラマ仕立てではない。たまにセリフによって急にナレーションが一部変わったりするんですが、それもとても効果的でした。うまい。これは読んでもすごい衝撃だと思いますが、聴いてもすごいです。是非どなたかに挑戦してほしいなあ。

この著者の作品は重いテーマな割に英語が読みやすい。セリフが非常に多いので、audibleで聴いても物語入り込んでいくことができました。私は耳読書で読んでよかったと思います。難易度は★2と3の間な感じです。耳読書であるのと、何人ものナレーションだったので、ちょっと判断がムズカシイです。ドイツ語がたくさん出てきたりするので、いったんは★2つにしていたんですが、3つに変えました。やっぱり3に近いかな。

聴いていてちょっとはしょっていますが、ガス室に送られる直前にユダヤ人である父親のセリフを書きとめてみました。

They can take away  my money and my house
and my wife and my child.

They can take away my food and my grandson.

But they can't take away my dream.

このほかにも、とにかく光る言葉がたくさんありました。

あ、余談ですが、audible聴いて初めて知ったんですが、ずっと「ピコリ」さんだとばかり思っていたら、「ピコー」と発音するようでした。

ホロコースト関連は毎年何冊か英語読書してきたような気がします。真っ先に浮かぶのはこれですね。
Sarah's Key
Sarah's Key [ペーパーバック]
これは舞台がフランスとアメリカ。フランス系ユダヤ人の知られざる歴史を世に知らしめてくれた作品ともとれるお話ですが、強制収容所の手前の話までしか出てきません。それでも衝撃のお話でした。

児童書だと一番有名なのはこれですか?
Number the Stars
Number the Stars [ペーパーバック]
これも舞台はドイツではなく、どこでしたっけ?オランダでしたっけ?忘れちゃった。だからさわりだけって感じです。

ユダヤ人虐待ではないけど、これも民族差別に関して描かれた児童書。
Between Shades Of Gray
Between Shades Of Gray [ペーパーバック]
タイトルでよく違う本を求めて検索されたという作品でもあります(笑)どっちも読んだ変な私・・・。

どれも読むとかなり心が苦しくなりますが、2度と起こしてはいけないこととして記憶にとどめておくことも大事だなあとも思います。

他に読んだかなあ、だんだん冊数を読んでると思い浮かばなくなってきました。うーん。

というわけで、かなりな作品だったので、次は軽いの探そうかと思っています。ちょっと探す時間もないけど(涙)

今もって帰ってきた仕事と格闘しつつ、これ書いてます。(夫には隠れてね)明日はちょっと来客もあるし、週末は子供のピアノの発表会なので、どうなることやら(汗)がんばります。3ケタの枚数をこなすのはちと悲しいけど、勉強にもなってます。「ああ、こういうときにはこの前置詞使えないんだなあ」とか、今まで気づかなかったことがたくさん。調べながらなのと、まだ慣れていないので時間かかるなあ。くすん。

それからaudibleについてはご質問をいただいたので、只今原稿も書いている最中です。ご質問の回答になるかどうかはまだわかりませんが、しばらくお待ちくださいね。ここの部分、読んでくださってるかなあ。

今日は朝5時台に何とか起きて、キャラ弁がんばりました。ちょっとふらふらしたけど仕事もなんとか乗り切って週末です(いっぱい持ち帰ってるけど(汗))PTA関係でもめてやり取りしたり、仕事したりしてなんだかバタバタですが、やっぱりブログ書いちゃいました。わはは。こんな夜中に読みに来てくださる人がいても、きっと「なんだ読書日記かいな」かなあ。お許しを。お休みなさーい。

それではよい週末お過ごしください。
読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

The Violets of March
The Violets of March [CD]
The Violets of March: A Novel [ペーパーバック]
リンクは日本アマゾンです。実際はhttp://www.audible.com/pd?asin=B0054K2HESでダウンロードしました。

Author:Maeve Binchy
When:April 12th ~ April 15th 2013
Category:Fiction
Pages: 
304 
pages  (9 hrs and 22 mins)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:
★☆☆☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★★
Romance-packed-degree:★★★☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆

英語読書累計 6667 pages 

本来のサガが出てしまい。一気聴きしてしまいました。後半4時間ちょっとを今日一日で聴いてしまった。これぞ「自分休日の醍醐味」です(笑)ピノちゃんを抱っこしながら1時間ぐらい半分寝ながらもききました~。ああ幸せ。他の英語の取り組みをほったらかして、しかも授業の準備残ってるのにねえ。すぐ没頭してしまうこの癖をなんとかしないと・・・。でもこういうのがあるからストレス解消にもなりますしね。

この人の作品はほとんど同じパターンを取るんですが、それがお約束で面白い。主人公が二人いるような設定です。現在と過去。日記が伝える真実。

これは初期の作品だと思うので、一番凝った感じもしました。後半話が一気に見通せるんですが、他の作品よりはちょっと遅めなので楽しめました。ほんとにききやすい=読みやすいので、女性の方に今年一押しの多読本ではないかと思います。お話もミステリーとまではいかないまでも、謎解きが絡むので読み進みます。

終わり方もつじつま合わせで、説明がかってないのが、がかえってよかったです。

物語はとてもやさしいまなざしで語られていきます。最後までやさしい。どれも過去と向き合い、後悔や苦しみを経て、赦しへと導くハートウォーミングなお話。結末が途中でわかったとしても、読了感がさわやかなのが特徴です。

英語はほんとにゆっくりで聴きやすナレーションです。アメリカアマゾンで「ナレーションがゆっくり過ぎる」とあったので、ノンネイティブスピーカーの私たちにはかえっていい。今までもシアトルが舞台の物語を数多く読んだんですが、あのあたりの英語が聴きやすいのかな?この著者の話は今のところすべてシアトルが舞台です。多分、地の方なんでしょうね。行きたくなります


読みやすさ部門で今のところ今年ベストに入っています。新作ももうすぐ出るので読みたいor聴きたいと思います。この著者は執筆のペースが速いので、1年に2作品ぐらいの割合で新作が出ているようです。ページ数も300ページちょっとのものが多いので、おススメです。

こうやってお気に入り作家が増えてきたので、新作出たら読むみたいなパターンも増えてきました。うーん、audibleの更新も考えないといけません。円安だしな・・・(汗)

どうも思うにaudibleは敷居が高い?あまりたくさんの方がブログとかをUPしていないので、探すのも自力に近い。

耳読書は今や私にとってはリスニングテストよりよっぽど聞きやすいんですが・・・。

で、思うにどうもテストの英語と朗読の英語は受験英語とやり直し英会話の間柄のような深くて長ーい溝があるのではと思うに至っています。ホンマに。慣れたらイメージがぞわっとわいて話が流れ込んでくるんです。それは去年から気が付いていたんですが、読むより負荷が低い。リスニングテストのゲームのような瞬発力が必要ない。物語に身をゆだねていけばいいのがいいです。これは似たようなことを耳読書経験者の方も言ってらしたような気がします。

で、中身がおぼろげかというと、この話に関しては英語が難しくないので、読むのと全く遜色ないと思います。また違う感覚なんですが、感情移入されたナレーションを聴くことで、映画を見ている(聴いている)感覚に近いです。

私にとってはその地方地方のアクセントが聴ける楽しみもあって、audibleはけっこうやみつきになりつつあります。でも耳読書は趣味と位置付けることにしました。自分の英語力にあんまり影響がなくなってきている。というか、これ測れないんですよね。前にもTOEICと関連づけたのは記憶に新しいと思います。私の場合はaudible聞き流すだけではテストで点数が出ませんでした。いや悪化しています(笑)

でも耳読書はながらでできる強力な英語の取り組み。車を運転しながら、スーパーで買い物しながら、料理しながら、洗濯物干しながらで時間を確保できて、しかも楽しいのでやっぱりはずせない。

でも私にとってはそれはある意味よくないので、なんとかしないと。一応英語教師ですからね(汗)趣味だけで行けたら言うことないんですが・・・。悲しいけど、そういうわけにもいきませんからね。くすん。受験英語も中学生への英語の導入も英語も耳読書も目読書も資格テストも、どれも違うものを一気に必死でやってる感覚があります。正直つらいです。

英語教えてなかったら、きっと耳も目ももっと読書に埋没していると思います。本来そうあるべきだとも。英語が目的じゃなくて、英語を通して物語を楽しむのは極上のしあわせです。

さて、通常モードに戻ります。ああ、休みがあっという間に終わりました(涙)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

A Week in Winter
A Week in Winter [マスマーケット]
A Week in Winter [Kindle版]
A Week in Winter [CD]
リンクは日本アマゾンです。実際はhttp://www.audible.com/pd?asin=B00B40HE04でダウンロードしました

Author:Maeve Binchy
When:April 5th ~ April 11th 2013
Category:Fiction
Pages: 338 pages  (11 hours and 37 minutes )

Total recommends:★★★★★
Difficulty:
★★☆☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

英語読書累計 6363 pages 

これはよかったです。派手なお話でもないし、大きな事件が起こるわけでもない。日常から逃れた人々が過ごす1週間。その場所はアイルランドの田舎町の石畳の館。周りにあるのは豊かな自然と豊かな人々の温かさ。

話の構成がまずおもしろい。まずは館をホテルにした顛末が描かれます。それも人が中心に。そのあとはオープンしたてのそのホテルに訪れる人たちの視点で描かれていきます。

これ聴いてて思い出したのが、センターテストです(笑)ここのところ、「Aさんの視点」「Bさんからの視点」と二つの視点で同じ話が語られる長文問題が出題されるんですが、まさにそれ。このお話では視点は10人以上。でも同じ事柄が繰り返しでてきてかえって話がわかりやすくて楽しめました。

もうこの読書日記をごひいきにしてくださってる方はお気づきだと思いますが、けっこういろんな話を読んだり聴いたりはしているものの、私の好みは「なんだか癒され気分」なんです。これもその一つ。ハートウォーミングなお話でした。案外こういうのに出会うのが難しいんですよねえ。出会えたらうれしい。

英語は読んだらやさしいと思います。ただ、登場人物がかなり多く、最初は戸惑うかもしれません。でもつながっていくのでわかりやすくなっていきます。

これは女性の低いアナウンスでアイルランド訛りや、男性の声も男性らしく上手でした。”The Undomestic Goddes”のナレーションをふと思い出しました。

聴いてるうちに「ああ、アイルランドに行きたーい!」と思いました。私が行ったことがあるのはダブリンとその周辺だけだけど、なんとなくその時のイメージを思い出しながら聴きました。ダブリンですら田舎だなあと思ったので、ちょっと離れるともっと朴訥とした感じなんじゃないかなあ。ああ、行きたいなあ。せめて耳だけ世界旅行しときます(笑)

さて、お次は何にしようか。長編と思っているんですが、今月から耳読書に費やせる時間が減ったので、どうしようか考えています。

明日でやっと1週間終わりますね。怒涛の1週間。子供もママも新学期でバタバタでした。来週からは授業も増えるのでなんとかリズムを整えたいです。勉強しとかな(汗)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

The Snow Child
The Snow Child [ペーパーバック]
The Snow Child [Kindle版]

Author:Eowyn Ivey
When:March 23nd  ~ April 4th 2013
Category:Fiction
Pages: 448pages  

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:
★★☆☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆

英語読書累計 6025 pages 

凍てつく冬、雪の結晶、降り続く雪、冬のアラスカ、
森の中のSnow Child

これは絵本のようなお話、もしくは絵本から飛び出て小説になったようなお話でした。ファンタジーのようなそうでないような。厳しいアラスカの冬の現実とその果てに描いた夢がほんの一瞬かなったかのような入り混じったなんともいえない独特の物語でした。

主人公はもう若いとは言えない二人の夫婦。住み慣れた都会の生活から逃げるように未開のアラスカに移り住んでひっそりと暮らす日々。失ったものは、待ち望んだ待望の赤ちゃん。

苦しい生活を強いられながらも、なんとかぎりぎりの生活の中に訪れた希望。小さな少女。この少女はどこから現れたのか?雪の精?それとも?

どこまでも絵本のような世界が展開されます。アラスカの自然とともに暮らす様子を非常に繊細なタッチで堪能できます。雪や風の冷たさや、小川の流れ、動物たちの静かにこちらを見つめる姿。

絵本のような世界とは裏腹に汗水流して畑を開拓する人々。自然とともに生きることを本の中で体験させてもらったような気がしました。透明感のあるお話です。私は好きな世界でした。

英語はそれほど難しくないですが、自然に関する語彙が豊富です。動植物の名前がたくさん出てくるのでそこは辞書を引きながら読みました。最初は400ページ以内と思ってよんでいたので、読む速度もあとで考えるとけっこう速くに読めていたことに気が付きました。

さて、次は耳読書にしようかなと思っていたのを目読書にしようかなと思っています。でも授業も始まるので、授業の下準備をしたほうがいいかも~。もっといろいろ入試問題解かないと・・・(汗)うーん。悩むところです。ああ、日がな一日、本を読む生活を続けたい・・・。夢の夢ですねえ。エンジェル経費稼がなきゃ。

さっき前の職場の英語ネイティブの先生から「元気しとる?」と連絡があって、そういえば英語全然話してないなあと気が付きました。

2回連続不人気英語読書日記でした。すみません。読み終わったし(汗)

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日は週末ですね。お休みの方はゆっくり休んでくださいね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Best Kept Secret
Best Kept Secret [ペーパーバック]
Best Kept Secret [CD]
リンクは日本アマゾンです。実際はhttp://www.audible.com/pd?asin=B00BNGVJJGでダウンロードしました。

Author:Jeffrey Archer
When:March 28th   ~ April 4th 2013
Category:Fiction
Pages: 400 pages  (11 hours and 15 minutes )

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:
★★☆☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆

英語読書累計 5577 pages 

クリフトンクロニクル第3弾
ネタバレなしです。ご安心を。

ジェフリー・アーチャー最新作、相変わらずのスピードと読ませる技が健在でした。第一巻から走り出したら止まらないクロフトンクロニクル。これは第3巻。どの巻も最後に「ええ!ここでおわり!そんな殺生な。続きどうなるのー!」で終わるんです。

この巻も(笑)

いままでで一番「ここで終わらんといてえや」的な終わり方です。で、トリロジーではないことがもう明らかですね。まだ続きます。いったい何巻まで?

でも多読をする方にはこれはもってこい。ページーターナーであり、山あり谷あり。今回はハリーは007ばりです(笑)いやそこまではいかないか。

お話の中心はだんだんクロニクルと言っているだけあって、ある家族のサーガになりつつあります。ハリーとエマ、そしてジャイルズはもちろん中心ですが、ハリーとエマの息子であるセバスチャンが後半話の中心にクローズアップされていきます。

1巻、2巻とステレオタイプ的な悪役が現れては困難を乗り越えるハリーとエマ。今回も勿論新しい悪役が複数登場します。まあよくもまあわんさか困難が訪れるわと言うほど。でもそれを主人公たちが乗り越えていくからこそのジェフリー・アーチャーの作品なんだなと3冊読んでみて思いました。

個人的にはやっぱり1巻が面白いですが、それ以降もぐいぐい引っ張るので引き続き読んでいきたいと思います。

これは1巻からすべてAudibleで聴いていますが、1巻だけナレーターが違います。1巻がすごくゆっくりで聴きやすいですが、2巻以降のナレーターはちょっと速くなるものの、ものすごくうまくて、いろんな英語の使い分けを聴くだけでも面白いです。引き込まれます。3巻ではラテンアメリカ系の英語も出てくるので、興味深く聞きました。

語彙もさほど難しくなく、わからなくてもちゃんとストーリーは追えると思います。この本は年齢や性別をあまり問わないし、だれが読んでも面白いようにちゃんと書かれているので、おススメです。ベテランって感じで安心して聴きました。

ストーリーもイギリスのあるお金持ちの一家を巻き込み、どん底から成功を手に入れた青年のサクセスストーリーの形をとっているので読んでいて嫌な気分にはあまりならないです。歴史もちょっと絡んでいて、実在の人物や出来事も絡めながらの進展に親しみを持って読み進むことができると思います。アーチャー氏の経験が生かされているシーンがいくつも出ていたような気がしたのは私だけ?(笑)

さて、続きはいつだ?けっこうハラハラで突然終わったので待ち遠しいです。

このシリーズは目読書、耳読書問わずおススメです。

次はやっと見つけたハートウォーミングストーリー。舞台はアイルランドです。これもアイルランド訛りを聞きたさに耳読書にすることにしました。実は次に考えていた目読書だったんですが、耳読書候補は読んだ方がいいかなと思ってスイッチしました。どうも訛りがありそうだと耳読書にする傾向があります。アメリカ英語は目読書が多いような(笑)

昨日ちょっと頑張って英語したら、やっぱり疲れてしまって、(ほとんど本読んでるだけですが(汗))夜中の3時にあまりの肩こりと頭痛で目が覚めてパパにしばらくもんでもらいました。結局今日もご飯食べたら2時間も昼寝してしまってまだ万全じゃないみたいです。明日はちょっと職場に行かないといけないし、ブログも読書日記で精一杯なので、夜はゆっくりすることにします。子供のお迎えもあるんですよね(涙)

でも耳読書はできるので、きいちゃうと思います。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

このページのトップヘ