英語読書日記 by angel

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2013年07月

Defending Jacob
Defending Jacob [Kindle版]

Defending Jacob [ペーパーバック]

Author:William Landay
When:June 25th ~ July 24th 2013
Category:Fiction (Legal fiction)
Pages: 432
pages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:
★★★★☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★☆

英語読書累計 12098 pages 

どこまでも、どこまでもグレーなお話。

ミステリーは読書日記を書くのが難しいです。理由は簡単。ネタバレしたら読んでない人に悪いですからね。

ボストンの静かな住宅街。ある日公園で14歳の少年が胸を3か所ナイフで刺されて公園で死体で発見された。凶器のナイフは発見されず、少年のパーカーから同級生の指紋が発見された。その指紋はその町でDA(地方検事)を務める息子Jacobのものだった。息子の無実を晴らすために父は・・・。

書評の多さとタイトルに引かれて読んでみました。これ、法廷ものなので、いったん読みだすとすごく読み進みます。

殺人事件に巻き込まれたある一家がたどる道筋を先が読めない展開で進むミステリーです。最初は父親が息子を救うために持てる知恵を出し尽くして弁護するお話だと思って読み始めました。ある意味その通りのお話でもあるんですが、ひねりがあります。そこが面白さでもあるし、なんだか底に落とされる気持ちにもなりました。

家族それぞれの心理の変化も絶妙。14歳のかなりバルナバルな少年心理もすごくリアルです。とってつけた感がなく、「現実にはこうなんじゃないか」と思わせるような人間の心理が描かれています。

私は普段、高校生や中学生と接しているし、自分も母親の立場なので、この話はものすごく怖かったです。今のコミュニケーション不全な時代を見事に描いた作品ともいえるかも。日本でもいじめはなくならないけど、どこの世界でもいじめは存在していて、それに対処しきれない事態が現実にあるんだと思い知らされます。

これは「犯人はだれ?」というよりももっと現実に近くて、「もしかしてこう?」と思う不安な気持ちを持つお話でした。どこまでもどこまでもグレーです。白黒はっきりしない。

これ読んで思い出す話はどれかなと考えてみました。ふと頭に浮かんだのはこれ。
Gone Girl
Gone Girl [Kindle版]
なんともいえない不気味さはもちろんこちらの方がはるかに上です。面白いけど、「いやあ、むっちゃ面白いから是非読んでみて!」と言えない感じのひねり具合です。どちらの作品も「うまい。でもびっくりするで、これ」というラストです。ミステリーたるゆえんですがね。

難易度はすごく悩んだんですが、会話部分は難しくないです。会話文も多い。その部分は★3つです。ネイティブスピーカーが読めばフツ―の文なんだろうなと思います。

でも法廷用語や日常のアメリカで使われているであろう語彙、でも私たちノンネイティブスピーカーからしたらなじみのないものも多く感じたので★4つにしました。辞書を結構引いた印象で決めました。

ミステリーに関しては私は犯人をけっこう当ててしまうのと、ここの所苦手になりつつあるので、(と言いながら結構読んでますね(笑))おすすめ度が辛めです。主観が入って当たり前なので、その辺を差し引いてくださいね。この作品は上のGone Girlと同じく全般的にすごく評価が高い作品であることは間違いないです。

やっぱり人が殺されたりすることに抵抗があるのかも知れません。まあそうでないと話が始まらないですがね(笑)ミステリーですから。子供が探偵コナンを見るのもあんあまり好きじゃないけど、大昔は自分もそういうのが好きだったから、年いった証拠ですね。心が殺伐となっちゃう。

ということで、次は夏休みなので、こんどこそかねてから読もうと思っていた超大作?に行こうかと思ったんですが、心あらわれたくなったので、間に違うのはさもうかと思っています。いやちょっとhotなバンパイアものでも読もうかなあ(笑)→なんでも読むミーハーなおばちゃん。

読んでいただきありがとうございました。

 Winter of the World                                         Winter of the World (Century Trilogy 2)
Winter of the World [ペーパーバック]     Winter of the World (Century Trilogy 2) [Kindle版]
日本アマゾンのリンクです。
実際はUKアマゾンのaudibleサイト
http://www.audible.co.uk/pd?asin=B0096CGVBKでunabridged版をダウンロードしました。
USアマゾンでもダウンロードできます。

Author:Ken Follett 
When:July 10th~ July 25th 2013
Category: Fiction
Pages:  832 pages (31 hrs and 47 mins
)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:
★★★☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Adventure-packed -degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

英語読書累計 11666 pages  


怒涛の30時間。第二次世界大戦間から終戦、冷戦間際までを駆け足で旅した気分でした。すごいスケールです。さすが、ケン・フォレット。おもわずスイッチ切れなくて聴きこんじゃう自分がいました。今まで読んだケン・フォレットの中で一番「この手の類は読みたくないけど、読み(聴き)進む」度が高かったです。こわかった~。

でも31時間を2週間ぐらいで聴けちゃいました。けっこうがんばった?

ヨーロッパからの視点で第二次世界大戦を見るんですが、ここまで細かくドラマチックに読んだのは初めてです。映画だとここまで長いスパンで見れないので、かいつまんで「ノルマンディ作戦ってこんなんか」とか頭の中で「大脱走」の音楽や「史上最大の作戦」の音楽が流れたりするぐらいです(笑)しかも私はもともと残酷なシーンが苦手なので、殺し合いの映画はもともとあんまりなじみがない。たまに見てたぐらいの知識です。

戦時中のドイツやヨーロッパが舞台の小説はけっこう読んでるんですが、ホロコーストに焦点を当てたものだとか、けっこう一つのテーマに絞ったものが多かったように思います。

これは違う。

全体を覆うように物語が展開されます。だから、1巻の時も書いたように「ケン・フォレットと旅する世界大戦ツアー」のうようです。「レクチャード by ケン・フォレット」(笑)

イギリス、ドイツ、ロシア、アメリカのそれぞれの主人公一家がどうのようにして二つの世界大戦と対峙するかを壮大なスケールで描かれています。しかも1巻では主人公だった人たちの子供たちが2巻では主人公として登場します。だから2巻の方が話が早くに把握できます。そしてそれぞれが過去で何かしらのつながりがあるという構造になっていて、読ませます。もう脂がのりきったマグロのような感がありまっせ(笑)

このドラマチックに人間模様を展開させながら大きな歴史を描いていくのはなかなかできません。すごいっす。ついそのドラマに乗せられて普段ならあんまり読んでいない戦争もののコアな部分に突入している自分に気が付きます。

戦時中のユダヤ人でなく、民間ドイツ人がどのような目にあったかも主人公の一家族がたどる運命を物語を通して知ることができます。ソビエト軍の進行でドイツの女性がどれだけひどい目に遭ったかという事実もこれを読むまで知りませんでした。かなりひどい。まあ、ナチスやゲシュタポは命を奪っていくのでまた違う意味でかなりひどいですが。こんなことは2度と起こしてはいけないということを伝えるために描かれているんだろうなと思いながらも、「もういいよ。ひどすぎるよ。早くこのシーン終わってほしい」と何度が思いました。

第二次世界大戦は戦場はヨーロッパだけでないのは勿論なんですが、これはイギリスを中心に描かれているので、太平洋戦争は主人公のアメリカ人一家に焦点があてられた時だけ出てきます。そう、もちろん「リメンバー・パールバーバー」は必須。洋上のミッドウェイ激戦も出てきますが、そのへんで、日本語がけっこう出てました。ちょっと確認したかったので、ふと夫にミッドウェイ海戦について尋ねると、出てきた日本の母艦の名前をスラスラ歌いながら答えてくれた・・・。なんでそんなに詳しいんや(汗)

やっぱり最後は象徴的なシーンで感動します。民主主義と共産主義のはざまで苦しみ、壁が作られる直前でお話は終わるんですが、独裁者や政治に翻弄されるのはどこまでも弱者であると再確認しました。

ナレーションはおなじみのジョン・リーという方です。これがまたうまい!聞かせます。audibleならではの臨場感ぜひ皆さんにも味わってほしいなあ。長いのでいきなりこれは大変かもしれませんが、耳読書に慣れてきたら是非挑戦してみてください。ナレーションはaudibleの命ですね。この人の英語はものすごく聞きやすいです。決して速くないし、登場人物の演じ分けが声を聞いただけでわかったりします。

さて、しばらくは30時間ものは3巻が出ない限り出会わないかもしれません。3巻はソ連とアメリカの冷戦が中心となるようなので、どうしようかなあと思っています。でも長い間きけて、お得だし、読書日記を連発しなくて済むので忙しいときには超長編はいいような気もします。いや変な理由ですみません(笑)今年はなんか忙しい。

去年耳読書を始めたころはものすごく難しく感じる作品ももっと多かったような気がします。だからロマンス中心にしていました。

1年かけて少しずつハードルを上げてミステリーや大作に挑戦できるようになりました。こんな私でもやればできるもんですね。

まあ、だから何って感じですがね。英語勉強してるというより、物語の中に埋没できる自分をうれしく思えるだけでもいいか。

次も話題作に行こうかと思っています。これです。
The Cuckoo's Calling
The Cuckoo's Calling [ハードカバー]
イギリス英語はaudibleを見つけるとついaudibleで耳読書に回してしまいます。でも、アマゾンでも「Audibleがすごく雰囲気がでてる」みたいな意見を見つけたので、挑戦してみようと思います。

やっぱりブログ書くと時間が過ぎるのが早い。勉強しなくっちゃ。3日坊主で終わりたくないですからね。でも眠い。昼寝したいなあ。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Lean In: Women, Work, and the Will to Lead
Lean In: Women, Work, and the Will to Lead [ペーパーバック]
Lean In: Women, Work, and the Will to Lead [Kindle版]
日本アマゾンのリンクです。
実際はUSアマゾンのaudibleサイト
http://www.audible.com/pd?asin=B0036NDS16でunabridged版をダウンロードしました。

Author:eryl Sandberg
When:July 4th~ July 9th 2013
Category: Biographies or business
managemet or business woman
Pages:  241 pages (6 hrs and 27 mins)

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:
★★★☆☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

英語読書累計 10834 pages  

これはノンフィクションです。アメリカの有名なフォーチューン誌で「最も影響を与える50人のビジネスウーマン」に選ばれ、今最も成功している女性としてたたえられているサンドバーグ氏。女性として、妻として、母として、しなやかに生きる。でもそんな女性でも常に悩みながら生きているという等身大の著者の本音を書いた本です。

COOとは「 最高執行責任者」で、CEOの決定したことを実践していくための責任者のこと」facebookのCEOはマーク・ザッカバーグ氏ですからね。ということは彼女なしには会社が回らないということですね。

これ読み(聴き)終わってから知ったんですが、クローズアップ現代でも取り上げられていたんですね。見たかったなあ。

有名なTEDのスピーチも見てみました。本でも同じエピソードが出てきてました。本はこれをもっともっとふくらました内容です。TEDはこれ、


日本語字幕付きのものもありますが、ずれていて変です。英語はわかりやすいので、英語だけできいたほうがかなりすっきりすると思います。audibleのナレーションもアメリカ英語です。語りかけられているような感じなので聞きやすかったです。翻訳本を本屋で見て「この分厚いのを読むより、英語の240ページの方がいいな」で、さらに「聴く」ことにしました。訳していくと日本語の方が長くなるのはどの本でも同じですね。まあ、英語で読むのは時間がかかるからどっちがいいか、悩むところですね。私の場合、audibleははすべて何か別の事をやりながらなので、一番得。だから聴きました。

これを見ておわかりのように、Sandberg氏はバリバリのキャリアウーマンと言う鎧を背負わず、まさに今の女性が望む「すべてを取る成功者」の具現者に見えますね。気取った感じはあまりしません。

キャリアも収入も捨てない。生活も捨てない。母の立場も捨てない。

TEDでも同様に、本でも、女性の社会進出を阻むものに対して統計をたくさん用いて、たくさんの例を示しながら進みます。

大事なことは「意識改革」
女性は男性に比べて、同じ能力を持っていても自分を過小評価する傾向にあるそうです。もっと自信を持たなきゃね。私は悪い例だろうなあ(笑)

それから、これは一人では解決できない人生の「パートナー」。夫の理解なしには意識改革しても空回り。そんな男性を見つけるのが一番大事だと著者も書いています。これ、日本だともっと遅れてるかもしれませんね。収入や、地位の面でももっとひどいから(笑)ずいぶん前に勝間和代さんが活躍されていたけど、そのパートナー探しに最初は苦労されていたような印象が本を読んだ時にありました。対等に家事や子育てを分担してくれる人は少ないですしね。

TEDでもわかるように、語り口は非常に明るくて、知的な面を垣間見せながらも親しみやすい感じ。昔のキャリアウーマンとは違う新しい像を前面に出すことに成功されているのではないかと思いました。

女性として何も捨てずに、どれも完璧ではなくても成功する。

彼女のようにはなれなくても、望む方向に行くことが、女性を明るくさせるんじゃないかなと思いました。

それにはやっぱり勉強しつづけること、自分が成長することが大事じゃないかなと。目新しいことはなかったけど、私のようなスロースターター、亀のような歩みのおばちゃんでも刺激を受けました。

最後に著者のお母さんのお話が出てきました。専業主婦として家庭を守り続けたお母様が、子育てを終えた後に再び大学で学び、教師になられて充実した人生を送られているというエピソードがよかったです。私の場合はサンドバーグ氏とサンドバーグ氏のお母さんの間にいる感じなので、その中間を行こうと思いました(笑)

でもどんな生き方でも一生懸命することは悪いことじゃない。やりたいことをひたすら続けることはやっぱり大事。言い訳せず歩みつづけようと思いました。

更新したと思ったら、不評の読書日記2連ちゃんですみません。今でちょうど25冊です。今年は40冊ぐらい読めたらいいなあと思って読み始めたんですが、夏休みの過ごし方で次第ですねえ。どうしようかなあ。1冊の冊数が多いのでペースとしては50冊ペースに迫ってますが、50冊目標にするとまた自分のクビ締めますしね。1万
ページぐらい読んだ計算なので、1ページ300語ぐらいで換算したとしたら、半年ぐらいで300万語ぐらいです。よく私が読書日記を書いた本の語数を知りたい方がいらっしゃるんですが、(難易度もけっこうあります)そこまで調べてやってる時間がないのですみません。ページ数や日数を記録するのも時々メンドウだったりする(笑)

そんなに読んでどうするんだ?と思わないでもない今日この頃。そういいながら、今はまた960ページ、31時間強のケン・フォレットに挑戦中です。この暑いのに濃い(笑)

さて、仕事に戻ります(涙)今日は子供の試験もあるんですよね。昨日は朝から子供の面談やら、仕事やら、宴会やらでバタバタが止まらないこの頃です。サンドバーグ氏のようにしなやかにがんばりたいなあ。家にいればサンドバーグ氏の夫には負けちゃうかもしれないけど、かなり協力的でオモロ系夫も今日は朝から仕事に行ってしまった。がんばります。

暑さに負けず、一緒にがんばりましょうね!

前のブログではたくさんのやさしいメッセージをいただきました。本当にありがとうございました。書いた時の気持ち、メッセージをいただいたときの気持ちを忘れずこれからも過ごしていきたいです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Kane and Abel
Kane and Abel [ペーパーバック]
日本アマゾンのリンクです。
実際はUSアマゾンのaudibleサイト
http://www.audible.com/pd?asin=B0036NDS16でunabridged版をダウンロードしました。

Author:Jeffrey Archer
When:June 23rd~ July 3rd 2013
Category:Fiction
Pages:  564 pages  pages (19 hrs and 32 mins
)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:
★★★☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆

英語読書累計 10593 pages  

超ロングセラー作品に挑戦。やっぱりいいです。おススメ!

読み終わってから10日もあけて読書日記を書くのは初めてです。書く暇がなかなかとれませんでした。読み終わったらすぐに書かないとなんだか気持ち悪いんですが、仕方ないですね。PCまで辿りつきませんでした。仕事まだあるんですが、これ書いちゃおう。

このaudibleは私が去年「クリフトンクロニクル」を聴き始めたときにチェックした時には、見当たりませんでした。コチラに来てくださる姉さんに「ケインとアベル」が面白かったと聞いていたので、初アーチャーの後に探したら、abridged版(要約版)しか存在しか見つかりませんでした。そのあと30周年記念版のこのunabridged版が出ているのを教えていただいたので早速ダウンロードしました。

最初はUKアマゾンでしか見つからなくて、クレジットを持っていなかったので、円安も手伝って「ちと高いなあ」と二の足を踏んでいたんですが、探すうちにクレジットを持っているUSアマゾンで見つけることができたので、(それでもUSアマゾンのこの本のページでは出てないです。直接audibleサイトで「30th aniversary 版」を検索してやっと出てきました。)クレジットで購入できました。半額にはなってるはず(笑)

これは30年前に書かれたんですよね。でも今読んでも全く色褪せた感じがないです。それはおそらく1900年代前半からのKaneとAbelの人生を歴史を絡めながら大きなスケールで描かれているからなんでしょう。特に前半のAbelの少年期は壮絶です。ロシアのあまり公に知られていない強制労働も出てきます。前にこの作品、
Between Shades Of Gray
Between Shades Of Gray [ペーパーバック]
これでも読みました。読書日記はこちら。これはリトアニアのお話ですが、東欧では同じようなことが起きていたんだなとわかります。

お話は同じ年、同じ誕生日に全く違う国で生まれた二人がお互いの人生の岐路で出会い離れ、男の戦いを繰り広げて行きます。ライバルとはこういうことを言うんだなあと読んで(聴いて)いて思いました。

物語は「ああ、こうなるんだろうな」という予想が当たることも多いんですが、これもやっぱり先が読める部分もあります。でも最後に「ああ、そうだったのか」となる感動を味わえてよかったです。

しかし、いくら富と権力を誇示しても、最後に人間に残るのはまったく別物だということを教えてくれもしてくれます。

男女問わず楽しめる壮大な男の戦いの物語。最後はどなたも感動しちゃうかもしれません。

英語は舞台がポーランド、ロシア、アメリカ、ちょっとイギリスやトルコが出てきます。アメリカが中心となりますが、訛りも楽しめました。聴きやすい方ではないかと思います。これは本で読んでも、展開が速いので読み進むと思います。ペーパーバックを本格的に楽しんでみたいというかたにはうってつけだと思います。多読でアーチャーがよく好まれるのが理解できました。読みやすいのでおススメです。

abridged版にせずunabridged版を待って聴いてよかったです。読んだ甲斐がある作品。

アーチャー氏の作品を読んでると、どうしても重なるのがケン・フォレット。
今は世界大戦シリーズの2巻
Winter of the World
Winter of the World [ペーパーバック]
これを聴いています。これもかなり長い大作。でも、ちょっとアーチャーのほうがあっさりしてて、さわやかさが強い柑橘系という感じ?(笑)ケン・フォレットは色欲もちらちら出てきます。ちと濃いですね。今のところ、これはましかなあ(笑)

今年はエンタ系にたくさん手を出してますね。大作続きの年です。読む時間があまり取れないので、去年は目と耳半々で50冊ずつ読めたんですが、今年はどうも耳読書が目読書の倍ぐらい行ってしまうかもしれません。それでも耳読書は去年より抑えて、毎日のリスニングの3分の1から半分を違うものを聞くようにしています。audibleは生英語とはまた違うので、いろんな英語を聞くように仕向けています。ちょっとは耳がましになってないかなあ。

さて、次ももう聴き終ってるので、すぐに更新します。話題作に挑戦しました。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

このページのトップヘ