英語読書日記 by angel

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2014年03月

Author:Mark Haddon
When: February 20th ~ March 7th 2014 
Category:Fiction

Pages:  240pages
 

Total recommends:
★★★★

Difficulty:★☆☆☆☆ 
Story:
★★★☆ 
Can't-sleep-degree:☆☆  
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆  
Adventure-packed -degree:
☆☆
Mystery-packed-degree:
★☆☆☆☆


この本は表紙をいろんなところで見かけていたんですが、読まずじまいでした。試験のあとにテスト問題もどきとしばらくおさらばしたくて、読んでらっしゃる方と一緒に伴走させていただきました。内容にすごく興味を持ったからです。

なぜ興味を持ったかというと、これらの本を既に読んでいたから。
The Reason I Jump: The Inner Voice of a Thirteen-Year-Old Boy with Autism
The Reason I Jump: The Inner Voice of a Thirteen-Year-Old Boy with Autism [ハードカバー]
The Rosie Project
The Rosie Project [ペーパーバック]

3つの本には共通項があります。「アルペルガー症候群」です。

"The Reason I Jump”はノンフィクションです。日本人のアスペルガー症候群の男の子が書いたものを映画化された「クラウドアトラス」で有名なった著者とその奥様が共著で翻訳を出されたものです。一時ベストセラーになってたと思います。息子さんの症状を調べるうちにこの本に行き着いて、翻訳を決められたそうです。

"The Rosie Project”は今年のラブコメ?一押しの作品ですが、これも主人公が超天才なんですが、空気読めなくて非常に苦労するお話。大笑いして、ほろっとなります。

今回の主人公のクリストファーくんは中学生ぐらいで、かなり空気が読めない。おそらく上の二つの真ん中に位置するような感じです。

本人がアスペルガー症候群であるがゆえに、彼の周りでたくさんいろんなことが起こってしまいます。それは誰も責められないがゆえに皆が苦しむ。そこをクリストファーくんの視線でものすごい直球をなげかけるように描かれてい
きます。

変化球がまったくない。そしてそれがこの本の魅力。

主人公の特徴である、「ものごとを文字通りにとる」ということが物語すべてに貫かれていて、それをうまく使って、クスっと笑ってしまうシーン。ハラハラするシーン。哀しくなるシーン。問題を丸投げされるような気持ちにさえなりました。深い。でも心温まるお話でもあります。

私は普段学生と接しているので、たくさんの子供たちを見ています。一応母でもある。だからこれは客観的にはあんまり読めませんでした。寄り添う気持ちになってしまった。

この本は読むと英語がすごく読みやすく感じると思います。なぜなら、主人公のクリストファーくんは書いたとおり、彼の特質上、比喩表現が通じません。これは、英語ネイティブスピーカーでない読者にとっては、非常に楽です。凝った表現が少ない。イラストというか、記号も入っていて、数学やパズルのお好きな人はもっと楽しめるかも。

でもすごくメッセージ性も強い。教えていただいんですが、舞台化もされているそうです。納得。

クリストファーくんが分からない、比喩表現がたくさんいろんな表現が出てきます。日本語ネイティブスピーカの私たちもそこはクリストファーくんと同じ視線ですよね(笑)例えば

He was the apple of her eye.「彼は彼女のいい人」
They had a skeleton in the cupboard.「秘密にしとかないといけない醜聞よ」
We had a real pig of a day.「なんか今日はうまくいかないなあ」
The dog was stone dead.「これってヤバイ」

ええ加減訳 by ええ加減angel  間違ってたらすみません。

比喩表現は難しいですよねえ。わかんない。そういうのが少ないと読みやすいけど、厚みはどうしても少なくなる。

でもこれは決して薄っぺらじゃない。

読みやすいけどなかなか考えさせられる作品です。


Author:Kimberley Freeman
When: February 20th ~ March 7th 2014 
Category:Fiction

Pages:522pages
 

Total recommends:
★★
Difficulty:★★
☆☆ 
Story:
★★☆☆ 
Can't-sleep-degree:☆☆  
Romance-packed-degree:★★  
Adventure-packed -degree:
☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:
★★

最近読書日記が滞っていますね(汗)ブログ3つも掛け持った上に新しくSNSをやってるとおばちゃんは手一杯になっています。忘れそうだ。でもここまでくると、書かないと気持ち悪いし。

実はこれの前にニュースで知った"Monuments Men"というノンフィクションを聞いていました。実話を映画化してジョージ・クルーニーがインタビューを受けているのをBBCで見たもんだからついね(笑)

最初は「おお、これは歴史の講義を聞いているようで面白い」と結構堪能していたんですがヒトラーやムッソリーニが出てきている間はまあいいんですが、Monuments Men達を一人一人経歴から紹介していくぐらいになってくると、だんだん地味になってきて・・・。聞いているとどうも眠くなってきました。眠い授業のようなもんですね。

で、audibleを除くと、「返品できまっせ」という文字を発見、何時間か聞いたんですが、返品させてくれて1クレジット戻ってきました。そのあとaudibleの中で偶然目読書で読んでいたお気に入り作家の初期の作品をたまたま見つけたのがこれです。ナレーションは”Husband's Secret”(これは聞きました)や、これまたごひいきのKate Mortonの作品もナレーションしている人。ちょっと長いのが玉にきずだけど、好きな作家に聞きやすいナレーションとくればポチッとするしかない。最近はなぜかオーストラリアの作家さんが多いんです。

お話の舞台はイギリスとドイツとギリシャ(だったと思う(汗))のある小さな島とオーストラリア。これだけでも盛りだくさんですよね。それプラスポップスの人気歌手とオペラ歌手が出てきて、時代が1950年代から現代までをあっちこっち行き来して、しかも時系列が時々入れ替わるので、ちょっと最初はつかみにくかったんですが、だんだんそれが絡み合っていくのはお約束。てんでバラバラだったエピソードが最後には一つにまとまるのは面白かったです。

この作家さんはこれで確か3作読んだんですが、これはおそらく一番古いもの。読んだ中で一番好きな作品は何度も取り上げているようにこれ。

この"Duet"も負けず劣らずドラマチックではありますが、深さでは"Wildflower Hill”の方が断然上です。深い深い愛が描かれています。

"Duet"は世代を渡って受け継がれたというより、違うつながりを描いています。ネタバレになるので書きませんが、あえていうなら、昼メロ?いや、赤いシリーズ的?(古すぎ~。わかる人は年がばれますねえ。でも宇津井健さん亡くなられたし)です。

大きな謎が一つお話の軸になっているんですが、その謎は後半まで持ち越されます。謎が解明すると「やっぱりね」となるんですが、そこがわかるまでは「なんで?」となってつい読み進むと思います。「でもなあ、ちょっとなあ」、とも思うかも。

それとちょっと長いかな?という印象も。でもMonuments Menのように眠気が襲ってくることはありませんでした。
「ドラマしてますねー」は眠くなりません。最後は「こ、これはサスペンスか!」ばりですしね。

キャラクターの描き方は丁寧だと思いました。最初は主人公がかなり苦労するので、ちょっとかわいそうでした。そこからだんだん苦労を超えて自分の人生を歩んでいくんですが、その道はやっぱり平坦ではありません。

これはデュアルタイムストーリーではなく、パラレルストーリーとでも言いましょうか。ちょっと過去のエピソードも間に入るんですが、基本的に同じ時代で違う場所が入れ替わり舞台となる形です。

英語はわかりやすいと思います。audibleで聞くなら、このナレーションはおすすめです。くせがあまりなくて聞きやすい声の使い分けもうまいし、他のナレーションよりゆっくり目だと思います。

最近は読書は耳読書は隙間でできるので欠かさずやってるんですが、目読書がとぎれとぎれです。まあ、どうしてもこれが読みたいという本がそれほどたくさんないのもあるかもしれません。探す時間もなかなかないですしね。

今はちょっと時間があるので、何をやっているかというと、audibleで原作を聞いて、そのドラマを観るということをやっています。時間があればいい英語の勉強方法とも言えるかも。やり方は本家ブログで触れました。

今は"Game of Thrones"にはまっています。1巻は去年の夏休みに1か月ぐらいかけて読んだんですが、2巻は目で読んでるとなかなかドラマに至らない。でもaudibleでも35時間ぐらいの大作。今まででおそらく一番長いです。確かケン・フォレットがタイ記録だったような。でもDVD見たさに耳読書もかなり進みます。2巻になると新しいキャラクター以外は把握しているので1巻よりはわかりやすい。原作と同じセリフもよく出てきます。でも耳で聞くのでやっぱり負荷が高いです。でもドラマで時間を空けずに見るので、「ああ、なんの儀式かと思ったら、こういうことか」と確認できてなかなか面白いです。

でも、ドラマはシーズン2になると(2巻の部分)大筋は同じですが、だんだん原作と離れつつある感じです。端折るのはしかたないけど、ドラマはベッドシーンが多すぎ・・・。裸になるメンバーも固定している感じもあるな・・・(笑)

次は"White Queen"を取り寄せ中なので、なんとか春休み中に見てしまいたいと思っています。できるかな。
いや、ここは読書日記でした。ブログの形態を変えたので、ドラマや映画のことを書くことが減っていてつい。

今日はいろいろ忙しくて英語の取り組みがあんまりできなかったので、一気にこれ書くことにしました。ああ、すっきりした。

読んで頂きありがとうございました。
 

Author:Sarah Addison Allen
When: February12th ~ February 22nd 2014 
Category:Fiction

Pages: 304 pages
 

Total recommends:
★★★★  
Difficulty:★★
☆☆
Story:
★★  
Can't-sleep-degree:★★ 
Romance-packed-degree:★★  
Adventure-packed -degree:
☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:
☆☆☆☆

これはずっと待っていたお気に入りの作家さんです。なんともいえない独特の雰囲気を醸し出す話を書いてくれます。大人のメルヘンというか、女性のファンタジーというか。1年に1作品ぐらいのペースで作品を出しているんですが、今回は半年ぐらい?遅れた感じだったような。楽しみに待っていました。

舞台はたいていアメリカ南部の現代です。しっとりした感じは南部だからでしょうか。落ち着きさえ感じます。
登場人物がみな何かしら悩みを抱えていてやさしい。読んでいてなんだか心が潤う世界。

著者はアメリカの方ですが、なぜかすごく親近感を感じます。繊細さに惹かれると言ったらいいでしょうか?普段当たり前のように享受している幸せを、かみしめることを上手に描いてくれる作家さんだと思います。

英語は日常生活とその延長を描いているので非常にわかりやすいです。会話文も多いので読みやすい。

この人の作品は最初から順に読んでいっていると思います。この作品は私はこの著者の中で3番目ぐらいに好きです。

一番好きなのはもちろんデビュー作
主人公の作るお料理がなぜか人を幸せにしてしまうという設定のお話。
読書日記はこちらl

2番目はこれ、
主人公のクロゼットに突然押しかけてきた変な女性。そこから主人公の人生が徐々に変わっていきます。
読書日記はこちら

この二つもそうですが、日常に溶け込むように「非日常」が常に存在するのがこの人の作品の特徴です。魔法とまではいかないけど、不思議なことが当たり前に存在する。それがファンタジーというより、隣のトトロじゃないけど、住み着いている感じ。日本では季節を感じ、昔からいろんな神様を信じていた時代があって、いろいろなものやことに魂が宿るとう考えをなんとなく残っています。ちょっと大げさだけど、その感覚に共通するから親近感を感じるのではないかと思いました。

この人の作品を読むと落ち着いて、穏やかな気分になれます。登場人物たちがそれぞれに悩みを抱えながらも、人とのかかわりを通してひょんなことからいい方向に向かっていく。かたくななつぼみのような心が少しずつ開かれて愛する人の胸に勇気を出して飛び込む。

下手すると漫画チックになりそうな設定を絶妙なバランスで描き出すこの雰囲気はこの人独特のものだと思います。個人的に大好きな作家です。いつも読み終わるとファンレター書きたいと思うほど。

最新作が出るのが遅いなあと思っていたら、乳がんを患われて入院されていたそうです。ご自身の命を見つめていらしたんだなあと思うと同時に、作品がまた一段と柔らかく感じたのは私だけではないと思います。

最近どうも言葉が出てこないので、読書日記がなかなかかけません。もともとない文章力なんですが、言葉が浮かんでくるのを待って書きます。これも読んだ感想がうまく伝えられるかなあ。

このページのトップヘ