英語読書日記 by angel

読んだ洋書の記録です。冊数は原書を読んだ冊数で、Graded Readers等は記録に入れてません。今の目標は500冊です。一緒に英語読書楽しみましょう!

2014年04月

The Lost Wife [ペーパーバック]

Author:Alyson Richman
When: March 23rd ~April 6th 2014 
Category:Historical Fiction
Pages:352 pages
  (about 6 hours and 40 minutes to finish reading)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★☆☆
☆ 
Story:★★★★☆ 
Can't-sleep-degree:★★★★  
Romance-packed-degree:★★★☆☆ 
Adventure-packed -degree:★
☆☆☆☆  
Mystery-packed-degree:★★
★☆☆

題名から、もうドラマしてるのがわかる内容ですよね。舞台はチェコスロバキアとニューヨーク。チェコ系ユダヤ人のお話です。ナチスドイツ侵攻が迫るチェコで、恋に落ちたレンカとジョセフ。しかし、事態は一刻を争うことになり、医者であるジョセフの父は一家でアメリカに向かうことを決意。ジョセフはレンカと結婚し彼女も共に向かう予定だったが、レンカは自分の家族が行かなければ、ついていかないことをジョセフに告げる。しかし、用意できたのは家族とレンカのビザだけだった。

家族とチェコに残る決意をしたレンカ。離ればなれになった二人。そしてナチスの侵攻が始まる。

そこから二人の何十年にも渡る人生を読者として共に旅して行きます。淡々と描かれるユダヤ人迫害。アメリカに移民として過ごす人生。でも心はそこにはない。

ユダヤ人たちのたどった苦しみ、ホロコースト、ナチス関連を描いた作品は今までもいくつか読みました。
Sarah's Key
Sarah's Key [ペーパーバック]
STORYTELLER
STORYTELLER [ペーパーバック]

これらは主人公がユダヤ人です。そのほかにもドイツが舞台のこれも関連があります。ユダヤ人を匿う話でもあります。
The Book Thief
The Book Thief [ペーパーバック]

歴史ものを読もうと思うと、ヨーロッパが出てくるものこのあたりのことは避けられないです。第一次、第二次世界大戦をわかってないと話がわからなくなりますね。

この"Lost Wife”はこれらの中でも一番「ロマンス」です。非常に心が苦しくなりもします。

私はどれも堪能しましたが、この作品は「愛」を軸に描いているのですごく好みです。上の作品は映画化されているものもありますが、(Sarah's KeyとThe Book Thief ですが、The Book Thiefの方が最近映画化されたものだと思います。日本に来てるのか?)

これも映画化されてもおかしくない内容だと思いました。描写がすごく美しいです。
チェコの町とユダヤ人収容所の様子などが浮かぶような感じで描かれていました。そして主人公たちの心情がときに情熱をもって、ときに淡々と描かれていきます。ドラマチックな内容と歴史の重み。

話は最初から丸見えでも最後まで引っ張られました。最後まで読んで安心したい気持ちが強くて最後まで読み進みました。なぜそうなったのかという過程が丁寧に描かれていてよかったです。

英語の難易度は★2つと3つの間な感じだと思います。語彙は難し目のものも出てきます。一時間で50wordsを超えたスピードで読めたので、★2つとしときました。読んだ時間が6~7時間ぐらいだったので、これも昔なら一気読みしてたかも。

このお話プロローグとエピローグが好き。

この本で、しばらくまた小説を読むのを止めています。でも、やっぱり読みたい自分がいます。読まないとストレスが溜まる体になってます(汗)仕事も始まるので悩むところです。

Author:Jeffrey Archer
When: March 25th ~ April1st 2014 
Category:Fiction
Pages:400pages
 (11 hours and 39 minutes)

Total recommends:★★★★

Difficulty:★★☆☆
☆ 
Story:★★★★☆ 
Can't-sleep-degree:★★★★★  
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆  
Adventure-packed -degree:★★★★☆  

Mystery-packed-degree:★★
★☆☆

今日はちょっと一息の一日にしました。だから勉強せずにこれ書く事にします~。今日は映画まで見ちゃった。
やっぱり試験勉強ばかりでは息が詰まりますねえ。どうしようか。そんなこと言ってるからダメなんですねえ。

日本でも読んでいる人が多いようで、日本アマゾンを見てみたらすでに数件感想がありました。

これはクリフトン・クロニクル(年代記)の4巻です。なにが面白いってこれの1巻が面白かったです。超オススメ。2巻もなかなかハラハラ。3巻でちょっと中だるみの感が。でも4巻はまた従来の面白さが復活した感があります。私は止まらなかったです。先が知りたくていつもより早く読み終わりました。まさにページーターナー。

続き物の読書日記はけっこう書くのが難しいですね。ネタバレしたくないし。

「カインとアベル」を代表とする作品を手がけているジェフリー・アーチャー。この人の作品はすごくわかりやすいと定評があります。英語もあんまり崩れていないので、すごく読みやすい(聴きやすい)印象です。ジェフリー・アーチャーやマイケル・クライトンとかは世界的なヒット作品を手がけているので、英語ネイティブスピーカー以外の人にも読みやすいように書かれているというのをどこかで聞いたことがあります。まさにそうだと思いました。

多読でもオススメの作家の一人だと思います。audibleもナレーションが非常に上手くて、男性、女性、方言の使い分けは舌を巻くほどのうまさです。混同しません。同じナレーターがたしか3巻分だったかな?続いているので、聞きなれているのもあるので、速いとも感じませんでした。

英語はわかりやすいとおもいます。登場人物たちも複雑な性格の人があんまり出てこなくて、いい人か悪い人のどちらか。登場人物ごとの視点で時間が少し前後するのは、慣れていない人には少ししんどいところもあるかもしれませんが、それもこの本の特徴となっています。4巻はそれほど重なったシーンはなかったように思います。

今回のお楽しみはある著名な日本人が実名で登場人物として出てきます。彼のセリフも一応「日本語訛り」風に演技しています。まあ、もっと平たいとは思いますが(笑)イギリス人が必死でステレオタイプの日本人像を描いていてちょっとおかしい部分もありました。日本人は読んできっと親しみがわくと思います。

昔のパターンを踏襲しているというのも書かれていましたが、その踏襲パターンがかえって私には面白く感じました。お決まりのパターンがやってくるのもなかなかいいもんです。だからこそ安定感があったりもします。

しかし、今回は匂わせるものがあったんですが(何かは言いませんよ、読まれる方のために)その読者の心理をうまく利用して、またやられた感じです。

面白かったです。

Author:George R.R. Martin
When: February 20th ~ March 7th 2014 
Category:Fantasy

Pages:
1040pages 

Total recommends:
★★
Difficulty:★★
☆ 
Story:
★★★★ 
Can't-sleep-degree:☆  
Romance-packed-degree:☆☆☆☆  
Adventure-packed -degree:
☆  
Mystery-packed-degree:
★★★★☆


1巻を初めて手にとたったのは昨年の夏でした。その前からテレビ化されてアマゾンではベストセラーになっていたので興味はあったんですが、すでに4巻まで出てて、どれも長い・・・。なので時間のあるお休みに持ってきて読みました。最近は800ページを超えるような超大作は特に耳読書で聞くようにしています。かえって集中して早く進むので「ここまでどんな話だったけ?」みたいなことがおきにくい。語彙をクリアすればなんとかなりました。

でも1巻のサンプルを聞いてやっぱり1巻は目読書にしました。登場人物が多すぎて、舞台が多岐にわたりすぎて把握するのにかなり時間が必要だし、語彙も慣れていないうちは難しく感じました。

2巻に関してはドラマでも話を復習したし、イメージが出来上がっていたので、がんばってaudibleで挑戦。聞いたところまでのドラマを間髪入れずに観るという方法をとりました。春休みの自分へのご褒美の英語漬け生活です。仕事が始まるとちょっとできない。

ドラマと同時並行で初めて聴いたお話ですが、これがまた私には相乗効果でした。このお話は原作者とシナリオライターが同一人物なので、イメージが全く同じです。原作はより詳しくて、ドラマを美味しいところをギュッと詰めたような感じ。ドラマだけでもハマる人が多いとおもうのですが、これは原作を読んでその下にある詳しいことまでを描きながら見るとよけいに深く感じるんじゃないかなと思います。ものすごく面白かったです。

audibleでは今まで聞いた中でもかなり難しく感じましたが、ドラマで映像を見て「ああ、あれはこういうことだったのか」と確認できるので、それもすごく面白かったです。

英語で聞いてイメージして、そのイメージがくっきりと輪郭を持って映像で確認する。英語学習者として日本語を介さず理解する練習にもなりました。お話を逐一はっきり把握しながらすすめたかったので、audible→ドラマを英語字幕で→字幕なしを貫いて堪能しました。

このお話はファンタジーですが、実はファンタジーであり、歴史絵巻であり、ホラーであり、アドベンチャーものでもあり、とエンタの美味しいところをギュッと詰めたようなお話であることが2巻をすぎてわかってきました。SFモノでもあるかもしれないような示唆もあるような・・・。その壮大さにはなかなか目を見張るし、よくもこれをドラマ化したなあとも思いました。私は歴史モノが大好きなので、ちょっとギリスの中世を彷彿とさせるこの舞台設定はいたく気に入っています。

原作はやっぱり重厚で、細かいところまで描写がなされています。英語は会話部分は非常にわかりやすいですが、描写の部分が聞くには難しいところもあって、映像で見てなるほどと思うシーンも正直ありました。登場人物もすごく多いので、途中までどの舞台なのか、名前を聞き落すとしばらく把握するのに時間が必要なところもありました。しかし、その細かさこそが人気の秘密じゃないのかなあとも。キャラクターを詳細まで書き込んであるので、漫画を読んでいる感じもあります。映像化することを前提として書かれているような感じも受けました。

主人公は複数という設定なので、それが今後どうやって絡んでくるのか知らずにはいられない気持ちになります。若い主人公たちのその先も気になります。力でねじ伏せるもの、知恵でねじ伏せるもの、じっと我慢するもの。それぞれの試練を抱えながら、主人公たちがどう成長していくのか。悪が世を席巻してしまいそうになったり、正義が負けそうになったりもします。そして、ちょっと残酷なエピソードも多いですが、それらが話に厚みを持たせているんだろうなあとも思います。

これが2巻、シーズン2のトレイラー。舞台がどんどん広がってきました。

ドラマも癖のある役柄が上手くてたまりません。→脇役大好き。私はティリアン・ラニスターと残忍な父のタイロン・ラにスター(だったかな?)が今のお気に入りです。馬に乗って颯爽と現れるところなんて、もうなんてかっこいいじいちゃんなんだ。

本を読んでみるとますます面白いです。

3巻はまた夏に企画してタイアップして堪能する予定です。

このページのトップヘ