Author:Corina Bomann (Translated by Alison Layland)
Category: Dualtime romance
Length:  430 pages /12hours and 17mintutes

Total recommends:★★★★
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★★★
Can't-sleep-degree:
★★★★
Romance-packed-degree:★★★★
Mystery-packed-degree:
★★★★

2016年英語読書日記 No.9(耳読書No.6)333冊目 

待っていましたよ、こういうのを。ドラマチック、ロマンチック。

女性のためのデュアルタイム。かなりロマンチックです。男性はちと無理かもしれませんが、おとぎ話ともとれるすれすれの「夢見てもいいじゃない、中年女性」作品。ああ、うっとり。舞台もドイツ、イギリス、インドネシア、ちょっとイタリアとロードムービーさながらです。

ドイツ,ハンブルクに住むリリィ。夫に先立たれた彼女は舞台は夫亡き後、自分のアンティークショップを営みながら、一人静かに暮らす日々を送っていた。しかし、ある日、見知らぬ老紳士が彼女の店に突然現れ、古いバイオリンを渡した。「これはあなたが持つべきものです」驚くリリィ。理由を聞こうと出て行った男性をあわてて店を出て追いかけようとした彼女だったが、男性の影も形もなかった。

古いバイオリン、バイオリンには「Rose」の文字が彫られていて、ケースの中には「Moonlit Garden」と名付けられた楽譜が一枚はいっていた。いったい誰がもっていたのか、本当に彼女がもらうべきものなのか。その謎を解くために、リリィはその専門家でもある親友のエレンの住むイギリスへと旅立った。

この作者、ご本人がたくさんのデュアルタイムを読みつくしてるんではないかと思わせるほど、ツボをついてくれました。

謎の置き方もうまい。いくつも謎をおいといてくれて、それを主人公が解いていくのと同時に、読者は過去の真実も合わせて解きほぐしていきます。ちょっと先に読者がわかりすぎるかな?とも思いましたが、ちりばめられた他の謎がぐいぐいと牽引してくれる感じで飽きさせませんでした。

英語はドイツ語からの翻訳本なので、読みやすいです。同じ表現、たとえばhave a butterfly in my stomachとかいうたぐいの表現が繰り返しでてきます。(聞いてるのでちょっと違っていたらすみません。メモとかもあまりとらないので)同じ言葉を好んで繰り返すのは、英語を母国語としない私たちにとってはかえって読みやすいものとなりえます。

ドイツの作品の翻訳本はいままでもけっこう読んだことがあるのですが、当たりが多いです。英語にもしやすいのかも。あまり違和感なく読めます。著者のことをウィキったらドイツ語しか出てこなくって、昔第二外国語でドイツ語をとったはずの私なんですが(汗)「これってドイツ語だよねえ」しかわかりませんでした。わはは。まあ、ドイツではベストセラーになったのぐらいはわかりました。ドイツでは賞とってるのも。わかる方にまかせます。

思い出したのは、この本たち。デュアルタイム(1作品はフィクション)である以外はストーリーは違うんですが。
上の二つは同じ作者の作品ですが、この作品を足して、さらにエキゾチックで角を取って、甘めにしたようなお話といえばいいでしょうか。これらの作品が好きならこれもきっと楽しめると思います。デュアルタイムにさらされて過ごしている(デュアルタイム研究家と自称しようかなあ(笑))私も、「ちょっと都合いいけどさ」と言いながら止まりませんでした。

例えば、上の作品とはちがって、キャラクターの掘り下げが浅めだとは思いました。夫に先立たれた主人公は特にツイストがあまりないので同情票があつまらないだろうと思います。その点の掘り下げがたりないかなという点では、感動で心ふるえた時とかにたまにつける★6つにはなりませんが、これだけのピースをジヅゾーパズルのようにはめ込んでいくのは大変だろうと感心しました。ドラマチックです。

こちらにも似た感じがあります。甘さはこちらの方が近い。
The Lavender Garden: A Novel (English Edition)
設定は遠いけど。 Duet以外の二つの作品どちらかがすきならほんとに楽しめます。

さらに朗報は、これはkindleだと、これ書いてる時点ではプライム会員だと無料で読めます。英語も翻訳ものなので、ロマンチックなのが大丈夫であればかなり読みやすいので強くお勧めできます。

私はaudibleで聴きました。audibleでも1クレジットで買うよりやすい金額の約8ドル。クレジット使わずに買いました。この値段でこのお話は価値がありました。 

ああ物語っていいですねえ。ロマンチックだなあ。次もクレジット以下の作品で評判がよさげなのを見つけたので聞いてみます。ロマンチックサスペンスらしい。

読んでいただきありがとうございました。
 
お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。