Author:Rachel Abbott
Category: Mistery Suspense
Length:  334 pages

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty: ★★☆☆☆

Story:
★★☆☆☆
Can't-sleep-degree:
★★★☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆
Mystery-packed-degree:
★★★★

2016年英語読書日記 No.11(目読書No.4)335冊目  

前回のaudibleもそうだったんですが、サスペンスの本を読むと、次回アマゾンを開いたときにやたらとサスペンスがお勧めに並びます。やたらとよく見るこの作者、日本アマゾンでこれが「プライム無料」とあったので、読むことにしました。

確かにページターナーでした。イギリスマンチェスターで起こった12年前の殺人事件と、新たな殺人事件、そして夫が突然忽然と失踪してしまう。迫りくるサイコパス。子供たちの命を守るために主人公がとった行動は。てな感じで帯付けしたらわかりやすいかも。

自費出版、kindleから生まれた作家の一人みたいで、短期間でたくさんミステリーを書いています。評価も結構よかったりする。

私は同じような作家なら、こちらの方が好きかな。
コチラはちょっと下のブラックカントリーらへんが舞台。女主人公キムはんがかっこいいのだ。

登場人物に気持ちが入らないと、やっぱり話に入っていけないような気がします。このKill Me Againはいろんな要素を入れて、リズムもすごくいいとは思うんですが、主人公に肩入れできない、込み入ったプロットもなぜか心の上をツルッと滑っていっちゃう印象でした。こういう話やたら昔あったような感じです。キャラの設定に深みを感じませんでした。

降ってわいた災難系のサスペンスは結構多いです。Relentlessというタイトルの本もそうでした。謎の人物に狙われる設定は似ています。

ということで、厳しめですみません。

最近はプライム会員だとアマゾンはこういうサービスもあって、嬉しいですね。洋書も無料サービスがあるのはなかなか嬉しいです。上のDetective Kim Stoneシリーズも無料でよませてくださいな。アマゾンさん。

読む本が枯渇するときが時々あります。で、この本を読んでみたんですが、耳でもミステリーサスペンスがかさなっていたので、よけいに評価が辛口になったかも。すみません。

語彙はteetotallerなんて1級単語も結構ありました。難易度は3つか2つで悩んだんですが、3つに近い2つってところにしときました。

次に何を読もうか物色中です。目で読むのはこのところ時間を捻出するのがなかなか大変だし、目の方もかなりしんどくなってきたので、無理をしないように自重もしています。kindleの字のサイズが大きくなってきた(笑)

他のことをやっていない時は1週間に1冊ぐらいの時もあったんですが、このところは1か月に1冊か2冊になってます。その代わり、何かをしながら、(たいてい台所でお料理とか、お弁当とか作りながら)audibleを聞いています。それが今の楽しみだったりもします。

冊数を積み上げていくのは楽しかったりもします。これで335冊なので、350冊が見えてきました。今年は今までで一番忙しくなりそうなので、どうなるかはわかりませんが、350冊ならなんとかなりそうです。そしたらこんどは400冊が見えてきます。今目標に掲げているのは500冊。ここ数年でいけるかも。

このブログ、産声を上げたときには、本家ブログから常連さんが来てくださるぐらいで、訪問者が少ないブログでした。じわじわと読者の方が増えてあと少しで星がもう一つ増えるかもというところまで来ました。立ち上げたときにある方のためを思って難易度のカテゴリーを設けたんですが、その人はもうこのブログには来てないかも。でも、他の方にすごく役に立ってるみたいなので、主観でもつけさせていただいています。

このブログからけっこう本を選んでくださってる方もいらっしゃるようで、お役に立ててすごくうれしいです。

地味な読書日記ブログでもここまで来れて本当にうれしいです。いつもご訪問くださりありがとうございます。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。