Author:Paullina Simons 
Category: Historical Romance ( WWⅡ)
Length: 810ages / 30hrs and 49 mins/ about 251100 words

Total recommends:

Difficulty: 
Story:
Can't-sleep-degree:
Romance-packed-degree:
Mystery-packed-degree:

2017年英語読書日記 No.1(耳読書No.1)375冊目 

とにかくね。

長いですわ。それに濃いですわ。それにこのヒロイン、自分か読んだ中で史上最高に煮え切らなくて、とってもやきもきしました。どうするんだ?ここまでじらしてという感じ。まあヒロインが一方的に悪いわけでもないんですが、とにかく30時間じらされます。後で気が付いたのですが、これトリロジーの1巻。

ロマンスの濃い―くて、波乱万丈なのが大好きならこれはうってつけです。

これはaudibleのエディターお勧めの作品を1作品分のクレジットで2作品変えるというキャンペーンで買ったものです。なので返品するのももったいない。なので耐えて聴きました。

波乱万丈のロマンスで自分的ベストは何度もあげたこれです。
これはイギリスアメリカが舞台です。

このThe Bronze Horsemanはソビエトが舞台。なので、また違う濃さがあります。もっと原始的な感じ。 最初はてっきり、ヒストリカルな舞台で馬に乗った銅像の騎士が人間に変身してヒロインを助けるロマンスかと思い込んで読みだした私です。有名な本の題名(実際ロシアにある銅像)だったわけですね。すみません。

で、いつまでたってもファンタジーにならない。王道を行くヒストリカルロマンスだと気が付いたときにはすでに数時間たっていました。耐える愛を聴きながらまた数時間。半分ぐらいまで超イライラしますが、後半は熱烈なラブシーンと逃亡劇が待っています。そのラブシーンもやっぱり濃いです(笑)

とにかくこのカップルの献身さにはびっくりなロマンスです。 そこはかなり読みごたえがあります。

原始的と書いたのは、悪い人がみんなちゃんと悪い人だから。ずるい人もちゃんとずるい。昔ソビエトの共産主義の悪いとされている描写はケン・フォレットの第二次世界大戦トリロジーや、Child44や、ジェフリー・アーチャーンのクリフトンシリーズでも出てくるんですが、そこにもっとロマンス度を増した感じのお話です。ユートピア自体が幻想ということなんだなあと思わせる書きっぷりです。でもところどころ、なんだか強引だと感じる箇所も。つじつまがあってなくても、その強引さでぐいぐいと物語が進んでいく。 

最初は★3つの感想だったんですが、ラスト数時間はかなりよかったので、ちょっとあげました。最後の終わり方は秀逸だと思ったので4つにしました。

画像を求めて検索していたら、なんと映像化の話がありました。でも、どこにも公開されたという情報がないのと、著者ご本人のHPも削除のあとがあったので、どうも企画倒れになってしまったのかも。

続きを読むかはなんとも。 

年始年末波乱万丈、ドラマチック路線でした。ロマンスはちょっとおなか一杯になったので、次はフィクションにしようかと思っています。

読んでいただきありがとうございました。