Author:Kelly Rimmer 
Category: Fiction 
Length:  306 pages / about 94240words / 9 hours and 41 mins
 
Total recommends:
Difficulty: 
Story:
Can't-sleep-degree:
Romance-packed-degree:
Mystery-packed-degree:

2017年英語読書日記No.28(耳読書No.25)402冊目

お越しいただきありがとうございます。 これも「お母さん英語ラーナーのための読みやすい小説」でした。ロマンス具合も少なくてかえって読みやすかったりします。アマゾンで同じようなものをピックアップすると、これまた同じようなジャンルを教えてくれます。このところは家族ものがお気に入り。これは聴きやすくてわかりやすくてよかったです。

聴いている途中まで「あれ?アメリカじゃなくてオーストラリアのお話だ」と気が付いた私です。アボリジニの融合政策だけじゃなくて、こういうのもあったのだと知りました。16歳で妊娠してしまった少女が自分の子供を持つことを許されず、親が強制的に施設に入れ、子供を産んだ後、その子は養子にだされてしまう。

もう少し昔にさかのぼりますが、よく似た映画を観たことがあります。

これは舞台がイギリスで、同じくカソリックの少女が妊娠して、教会の施設に強制的に入れられて同じように子供を産んで養子に出されてしまい、子供を探す旅をするお話です。

今では未婚の母やシングルマザーは当たり前だけど、ちょっと前まではタブーとされていた時代のお話です。主人公は38歳で自分が妊娠して初めて養子だったことを知り、実の母親を探そうとするという設定です。

お話は複雑ではなく、すごくストレートです。それよりも「愛情」の形を問うている。育ての親と、生みの親。どちらも愛情はあるし、どちらの愛情が上ということもない。そして、血がつながっていても、いなくても愛情とは時間をかけて育てるものだと思いました。人間関係はすべて愛情や信頼関係を時間をかけて育んでこそ成り立つのではないかなあとこれを聞きながら思いました。

英語は癖のないわかりやすいナレーションでした。なので地名を聞いてはじめてオーストラリアが舞台だとわかりました。わはは。

さて、お次は続き物をダウンロードしたのですが、聴こうとしたら、ブチブチきれて聴けない(涙)一度ダウンロードしなおしてだめならアマゾンさんに返却しなくちゃ。

読んでいただきありがとうございました。

images
個別にお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。