Author:Peter Swanson
Category: Mystery
Length:  320 pages
  / About  119040 words 

Total recommends: 
★★
Difficulty: 
Story:
Can't-sleep-degree:★★
Romance-packed-degree:
Mystery-packed-degree:★★

2017年英語読書日記No.59(目読書No.10)432冊目
お越しいただきありがとうございます。最近はaudibleがますます充実してきているので、じっと座ることがなかなかできない私には嬉しい限りな読書生活なんですが、たまにaudiobookが入手できないものがあります。日本からは輸入制限か何かでダウンロードできなかったりもあります。これはあるにはあるんですが、なぜか値段がべらぼうに高い。なので目で読むことにしました。

人が結構死ぬのに、この軽快な感じはなんなんだというぐらいテンポのいいお話で、意外な展開にうなります。予想不可能。読んでいて思い出したのが、

の不気味感が15%ぐらいで、
これのテンポが10%ぐらい。

そしてそれをもっともっとあっさり爽やかにしたような印象を持ちました。どんどこ人が死ぬのにです。これはページーターナーです。展開が意外で先が知りたくなる要素が満載。

読み始めてはじめて気が付いたのですが、サイコパスを扱ったお話です。Gone Girlのヒロインもそうですが、人を殺すことにまったく罪悪感がない人たち。ほかにもたくさんありますが、思い出したのがこれです。
ここでは悪役でサイコパスが出てきて、主人公の刑事が対決するという設定ですが、あげた例のサイコパス達はものすごく残酷です。

この作品のサイコパスはちょっと違います。それがこの作品がヒットした要因かも。イメージは猫です。淡々としていて、そつがない。簡単に完全犯罪をやってのけるのですが、本来にっくき殺人犯のはずなのに、読んでいるとそう思えなくなってくるのです。これは作者のうまさにやられた感じです。おちもいい。これはヒットしたのがうなずけました。

なんとか1か月に1冊、せめて1年で12冊という目標は達成できててうれしいです。相変わらずですが、目で読むのはお昼ご飯の時とかが中心です。夏休みで読書がしたかったので、時間ができた後半にやっと手に取ることができました。この作品は毎日1時間ぐらいずつ読めて嬉しかったです。

読みやすいのもあるし、ストーリーも先が読めないのでおもしろくってお勧めです。これも映画化されそうなお話でした。

さて次はこれまた好みのデュアルタイム。これも展開が面白かったです。

読んでいただきありがとうございました。

個別にお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
ダウンロード (6)